« 熱中症熱痙攣偏 | メイン | 一年中熱い男 »

熱中症熱疲労偏

100725a.jpg

熱中症の中でも一般の方に一番聞き慣れない言葉が『熱疲労』である。

多量の発汗により、水分および塩分が不足し、一種の脱水症状で倒れる。脱力感、めまい、頭痛、嘔吐、時には失神する事もある。心拍数や呼吸数は上昇するが、逆に体温の上昇はほとんどなく、皮膚は蒼白、べとべとして冷たく血圧は低下する。 熱疲労はその症状と、暑さにさらされた後に起きたことから診断される。 しかし、指導者・管理者が正しい知識を身につけておれば回避は出来る。

処置としては、日陰の涼しく風通しのよいところに移し、足を高くして寝かせ、0.2%程度の食塩水を飲ませれば通常速やかに回復する。 多くは水分を補給すると急速に回復するが、熱疲労を治療せずにいると、熱射病を起こす恐れがある。当然であるが、回復しない時は病院へ搬送。 また、意識がないときや呼吸が停止時は人工呼吸を開始すると同時に救急機関へ通報するのが鉄則である。

指導者のみならず、これらの対処法は父兄はもちろん、選手本人にも身につけさせておく必要がある。 特に真夏のこの時期は練習の前に毎回説明して欲しい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年07月25日 09:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「熱中症熱痙攣偏」です。

次の投稿は「一年中熱い男」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36