« 税金無駄使い不届き野郎 | メイン | 熱中症熱痙攣偏 »

スポーツ時の熱中症予防管理

100723a.jpg

昔は『水は飲むな!』と言われたが、今ではとにかく水を飲め!が常識となった。

安全面を考えれば正しい事である。 しかし、指導者・管理者としてはより適切に対処する為に正しい知識が必要である。

既に猛暑のこの頃、熱中症の事故をテレビで聞かない日は無く、予防法やその概念は以前より遥かに広まった。 最近では日射病では無く、暑熱環境下で起こる障害の総称である熱中症と言う言葉を多く聞くようになった。

既存患者さんは熱痙攣、熱疲労、日射病の判別・処置についてメンバーサイトに詳しく書いてあるので後ほど良く読んでみてもらいたい。

スポーツをするお子さんがいる方。夏休みになり炎天下でスポーツをする機会が増えるこの時期、特に正しく知識を持って管理してもらいたいのが、WBGT(湿球黒球温度)である。

ナンダそれ?! って言うのであれば論外であり、指導者失格である。

屋内でのWBGT=0.7×湿球温+0.2×黒球温+乾球温、屋外WBGT=0.7×湿球温+0.3×黒球温。 それぞれの指数により、ほぼ安全(適宜水分補給) 、注意(積極的に水分補給)、警戒(積極的に休息)、厳重警戒(激しい運動は中止)、運動中止(運動は原則中止) を正しく判断する。 現在ではポータブルな専門測定機器もあるので、興味のある方は来院時直接小生まで。


何はともあれ、“健康と安全は全てにおいて優先する” と言う自覚が無い者を指導者と呼ばない。 リスクの高いこの時期だからこそ、正しい知識と意識で取り組んでもらいたい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年07月23日 13:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「税金無駄使い不届き野郎」です。

次の投稿は「熱中症熱痙攣偏」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36