« 男であれこそ怪我の功名、腰痛、膝・肘・肩関節痛。 | メイン | 肘が痛いの?手首が痛いの??続編 »

腱鞘炎に手根管、手首痛いの総まとめ

100623a.jpg

肘に続いて手首も多い。 やってるスポーツは一緒でも、ある患者は肘が、またある患者は手首がと言ってやって来る。

それをテニスをやってる人はテニス肘、野球なら野球肘、ゴルフはゴルフエルボーと言った具合に片づけられて治らないでやって来る。

手首の場合、たいていが肘の使い方が悪い。

先日もある患者が手首が痛いと言ってきたのだが、明らかに腕橈骨筋が悪い。 触って押して固い痛いでは無く、触る以前から診る前から話でわかる。

疼痛の解消に当たっても、その筋肉を押す揉む電気で無く、その筋の使い方を再学習させ、肘が肘の役割を最大限に発揮できるようにし、結果手首の負担を軽減させる。

上っ面な治療は資格があればバカでも出来るが、総合的なコンディショニング再構築はそう簡単に誰にでも出来るものではない。

骨や筋肉が症状の中心にあるのではなく、その患者・選手が一人の人間として、個としてを中心に、その個が個として強くなる事を考える。 行き詰まった時に本を開いている人間には任せられないのがコンディショニングの再構築なのだ。 小生のまだまだ修行中なのだ...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!