« 学生、スポーツ、ど根性。 | メイン | いよいよ大詰め!早朝ランニング!! »

面接で見抜く見抜かれぬように。

100502a.JPG

今週より求人募集をしている事を何度か書いたが、再来週まで大手求人情報誌に掲載される予定。 まぁほぼ決定しているのだが、まだまだヤル気があってイイ子がいたら採用予定。

ここで一つ、もしこれからこれを読んでいる応募希望の子がいたら、少し今年のヒントを。

先日もある患者さんと求人募集時における今年のテーマの中に、どれだけ自社のホームページを読んでいるかと言う事があると言っていたが、小生もまさしくその通りだと思っている。 それは普段から、このご時世自分の身を任せようと思う患者であっても、ましてや自分の将来・人生を左右する職業だと言うのに、何の下調べも無しと言うのは雇う側としてチェック項目なのである。

今回は応募者からの電話で、必ず当院のホームページを見た感想を聞いている。 この時点で30~30分の1に絞り込まれる。 先日も上記の質問をしたところ、ある応募者が、『色々やってるんですねぇ~』と言ってきた。

そんな事ぁ~、ガキでも読みゃわかる。 それを読んで、ア・ナ・タはどう思ったのかを聞いてるんだっチューの。

30人中29人がそうだから、しかも年齢が上がれば上がるほどその傾向が強いってんだから、仕方が無いか。

自分勝手に考えて、自分がしたい事をでは無くて、自分自身が他人に何をしてあげれるのかを考えるのが、我々の職業で一番大切な事。 やりたい事、したい事を片っ端からやってるようでは論外なのだが。

今朝も患者さん達と一緒に早朝ランニングしてきました。 患者さん達と運動をしていると、スポーツは自己主張する場では無く、協調性を養う為の場だと改めて思わされる。 逆にこっちが癒されますわ。

ホントの意味で、これからも色々やっていきます。 ご期待下さい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!