« 検査でワカリャ、世話ネ~ヨ。 | メイン | 人間は二本足だからナンだって言うんだ! »

整体・カイロ・マッサージ、治療家のお勉強ってダメダメねぇ~

100415a.jpg

さて、筋肉おバカなトレーナーの話を先日書いたが、もう少し具体的に書いてみたいと思う。

そもそも “勉強” という事そのものが間違えているのだが、それはスポーツトレーナーでもマッサージ師でも、整体でもカイロプラクティックでもナンでも同じである。 医師であっても例外では無い。

それぞれ各々、自分の知識に自信と執着を持っている。 筋肉ばかり執着するスポーツトレーナーだって、ここがツボよと押す指圧師だって、ここにこういう反射がと言うカイロプラクターであったって皆同じ。 

教わった事を教わった通りやって、その通り結果が出ると信じ、少しでも改善したら大満足で。

結局は教わったパターンをやってる事だけに過ぎない。


ではココで一つ具体例を。

筋肉で解決しない問題に直面した場合、脳神経を疑ったりもする。 他にも原因・理由はあるが、ここでは脳を例に取ってみよう。

脳病変があった場合、通常は筋力測定検査を詳細に取り、評価をしていくのだが、この筋力の測定のみでは大脳病変の範囲や機能障害を過小評価する事が多い。 これらの患者の運動神経機能を評価する為に、より感度が高い“片側大脳病変特殊テスト”をしなければならない。

このテストが良いとか、知ってるから偉いとかでは無い。 これ以外にも数多くの大脳病変に関する評価指標が存在する。 ようは自分がたまたま知っている極一部の知識やテスト法・検査法が、考えている以上に感度(特異度)・尤度比が高くは無いという事実が多く存在するのだという “心” が大切なのである。

もっともらしく書いている、言っている事が他人の受け売りかどうか、今一度自分の心に問える者こそ、真の指導者・治療家なのである。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!