« 院卒スポーツトレーナーさんが引率ですって。 | メイン | 整体・カイロ・マッサージ、治療家のお勉強ってダメダメねぇ~ »

検査でワカリャ、世話ネ~ヨ。

100414a.jpg

過去幾度となく書いているが、諸外国でよく言われる整形外科の在り方。 文字通り、“外科” 的に “形” を “整” える学問。

当然検査・診断も、形状に留意して行う事が多い。 

折れた・切れたや、逆に形状に異常が見受けられない場合であれば問題無いのであるが、もっともダメなのが中途半端に異常がに使った場合。 『ちょっと潰れているねぇ~』とか、『骨が、軟骨がささくれ・尖っているねぇ~』が立ち悪い。


腰痛や関節痛は整形外科では無く、“神経内科”だと言うのが正しい。 何で痛いのかなんて素人に分かる訳が無い。 明らかに折れて切れていれば別であるが、何で痛いのかを見極めるご専門の診療科目が神経内科なのである。

通常の内科でもそうだ。 熱っぽく、風邪っぽく行ったとして、いきなりレントゲンや血液検査などしないだろう。 一番最初は先ず問診。 椅子に座っていきなり喉診る先生などいる訳が無い。


昨日のブログでのスポーツトレーナー。 お勉強のできるとっても頭のおよろしい子たちは、決まって身体を動かせたり動きを見たりから始める。 よりメディカルな知識がある者は体幹の前後屈やSLR、ケンプ等の身体検査をしたがる。

検査が悪いのではない。 検査はあくまでも確定診断であり、それ以前、問診・視診・触診の段階で、診断はほぼ済んでいなければいけないのだ。

たとえばナフジガーテストなどは、小生のように高度医療施設で無い場合、髄膜腫など受け止める事が出来ぬ症状の精査の為に、検査の優先度が上がる事は稀にあるが。

スポーツ選手など、動作によって障害が発生する場合も同様に、動きをみる以前にいくつかの可能性が既に頭に浮かんでおり、動作解析等は必ず確定の為に用いなければならない。 ただし、動作改善を専門とした指導者であれば必ずしも上記の通りである必要はないが、腰痛や関節痛、術後予後に取り組む者であれば、真っ先に患部を触し、動かすなどはあり得ないのである。


“治せない者が治すべきでは無い” 


本や検査で治るのであれば、世の中痛みで苦しむ人は居なくなるであろう。 ちなみに我々が専門家として行う検査は、レントゲンやMRI、動かして分かる検査より精緻なものであり、講義や学校で誰もが身に付くものでは決して無く、それがプロなのである。