« スポーツニュートリションの基礎 | メイン | 運動後には鍋料理 »

腰痛の根本的間違い

100316a.jpg

何故こうも情報の多い時代であるのにもかかわらず、正しい事が伝わらないのか。

多すぎる情報、一説によれば東京の中心で何もしないで一日過ごしたとしても、百年前の二千倍の情報が勝手に入って来る時代だそうだ。

ソリャそうだろう、昔は明日の天気はもちろん、隣町での事故だって容易に知る由もなかったであろうから。 ましてや海外の事件だなんて...

何もしなくても、それだけ常に多くの情報にさらされ、多くの情報を無意識で脳が処理している訳だ。 ストレスが増え、鬱になるのももっともである。


とにかくホントに世の中、嘘の情報が多すぎる。 嘘と言うと語弊があるのだが、極ひとつの可能性、一方からの見解が、表現・伝え方の違いで大衆の賛同を得てしまうのだから恐ろしいものだ。 しばらく前にTVで納豆毎日食べれば痩せると言った事なんか、良い例だ。 

腰痛と柔軟性の因果関係も、イメージだけで全く根拠無い話し。 まして、人間は二本足で歩くから腰痛は宿命なんぞ、構造・力学的に勉強ゼロの証拠。 

固い布団が身体に良いとか、うさぎ跳びが膝に悪いとか、水分補給を積極的にとか。 こんな低次元な話を毎回しているだけで、こっちがストレスですわ。

筋肉鍛えての疼痛改善は、治療ができる知識と技術が有って、初めて成り立つ事。 治す事とケアを別に考えたり、逆にゴッチャになっているようでは到底無理。

患者も賢く成らなければと云われるが、上っ面な聞きかじりではない真の情報を手に入れる努力に全力を費やして欲しい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年03月16日 09:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スポーツニュートリションの基礎」です。

次の投稿は「運動後には鍋料理」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36