« 雪の特異日 | メイン | ズボンずり下げ腰パンの根源 »

新百合ヶ丘・柿生も雪で整体院は...

100218a.jpg

昨日のブログの通り、昨晩から雪でした。

恐るべし、特異日都市伝説...

この数年、屋号を変えてから多少変化するかと思ったが、やはり変わらずウチは悪天候に強い! 台風・大雨、雪の日は混む。 

年寄りや若い女性相手の、毎日ダラッとチョイ揉み院は客足バッタリだそうだが、ウチの患者は、今日は今日の治療の目的・意味があってやって来る。

だから駅前買い物ついで治療とは、患者さん一人一人の意識が違う。

先日、膝の靭帯の項でも述べたが、再断裂する選手としない選手との大きな差は“意識”にあるそうだ。 それは“治したい”という気持ちでは無く、今やっているリハの意義・目的をしっかり理解しているという事。 だから完治後も、自身の行動に心身ともにしっかり自覚を持ち取り組んでいるのだ。

言葉にすると簡単だが、これは知識・技術だけでは無い、人間的にも高いレベルの人たちの協力があってはじめて為される事だ。 自分一人では到底到達する事など不可能なのである。 

若いうちに類稀な競技成績を残したとしても、その後の人生大半は競技生活では無い。 本人が望まなくても、周りは常識的な人望を切願してくる。 それに答えられなかった時、人は去る。 話は逸れそうだが、この時期オリンピックで様々な競技選手を見る機会があると自ずと人間性も見えてくる事だろう。 若年で競技特化しても、人間としてのレベルが未成熟な選手。 これもすべて周りの人間のレベルが影響しているという証明なのだ。

スポーツは勝ち負け、結果では無い事に、いつぞや気が付く事を望む。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年02月18日 08:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「雪の特異日」です。

次の投稿は「ズボンずり下げ腰パンの根源」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36