« 固有受容性神経筋促通疼痛除去 | メイン | カサカサかゆかゆ、アトピーかしら?! »

生きたお小遣い

100214a.jpg

高・中学生のお子さん二人いらっしゃる同世代の女性患者さん。

先日の治療中、話の流れで金銭感覚へ。 話を聞くと、お子さんには少しビックリするぐらい多めにお小遣いをあげているらしい。
だがその金額の中には部活で使う道具はもちろん、上履きや体操着まで、自分で使うものは全部入っているのだと言う。 


そういうお小遣いのあげ方は初めて聞いたが、とても素晴らしいと思う。 物は大切に使うだろうし、使いすぎて後悔するのは自分だろうし。 友達はイイナと言うらしいが、本人たちにとってはとんでもないと苦笑いしているらしいが。

時として親として、『そんな寸足らずのジャージ、買いなさい』と言う時もあるそうだが、それも本人の判断。どうしても足りない時は交渉もしなさいと言ってるそうだ。


個性や価値観、自分自身を分かった気になってるようで、実は誰か、どここから見聞きした事の模倣を、さも自分自身のように思っている人間が多い中、自分達の家族の事を自分達で考えている、そんな素晴らしい事は無いと思う。

それでこそ、 “うちの家族は!” と言えるのだと思う。


一生個性の無い、他人の知識の受け売りでいい人間には、これまた理解できぬ事なのだろうがな。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!