« 水分補給とうさぎ跳び | メイン | 筋トレよりも、うさぎ跳び。 »

治す気の無い肩コリと、治す気の有る肩コリ

100223a.jpg

肩コリでマッサージを探してやって来る人と、肩コリで整体・カイロを探してやって来る人とではまるで違う。

後者は “治してくれるところ” を探してやってくるが、前者は “揉んでくれるところ” を求めて、探してやってくるのだ。

客観的に物事を考えられる人間であればお気づきであろう。


『なかなか良くならない』という事は、症状に対して的確な処置がまだなされていないからだ。

その多くの場合、答えはシンプルである。


“自分の気持ちが求めているモノと、身体が求めているモノがズレているから” だ。


過敏・敏感になり委縮しているような肩コリは、揉んで刺激は適切では無い。 だが、本人は揉んで欲しい。 次の日すぐまた悪くなるにもかかわらず、揉んでくれるところを永遠に求め、探す。 まぁ、それでも本人は来るのだから、黙って揉んでいればイイ商売だが。

治し方は様々ある。 だから指圧もあれば針もあり、ほぐす事もあれば矯正する事もある。 ジプシーのように院を渡り歩く患者ほど、他より多く言い分はあるらしい。 が、上記の通り答えはシンプルだ。

欲求・不満を口に出さなきゃ、主張しなきゃ損のように思う輩が多い現代。 “身を任す度胸と続けてくる根性、どちらも無きゃソリャ治らん” と小生ならキッパリ言うがな。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年02月09日 09:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「水分補給とうさぎ跳び」です。

次の投稿は「筋トレよりも、うさぎ跳び。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36