« 靱帯損傷とビタミンC | メイン | 治す気の無い肩コリと、治す気の有る肩コリ »

水分補給とうさぎ跳び

100207a.jpg

ネット検索オタクで、自分自身の頭を全く使えていない人間が多い昨今、本当に有益な情報かどうか全く精査など出来ている訳が無い。

小生が昔からよく言う話に“水分補給”ネタがある。 昔は『バテるから運動中は水飲むな!』だったが、今では真逆でどんどん水分補給をしろという。

果たして本当にそうであろうか?

例えば“発汗”。 汗はなぜ出るのであろう? いくつか理由はあるが、一番分かりやすいのは“体温調節”である。 もしも何も考えず常にガンガン水分をを摂取すると、身体の中ではどんな事が起こるのだろう?! 

汗をかく前に、水分摂取で体内温度が下がる。 それを常に繰り返す。 自分で体温を下げる、調節する為の反復が損なわれるのだ。 水分補給のうわべだけのメリットだけを考え、デメリットの可能性など全く考える事など出来やしないのだ。

そもそも水分は何の為に摂取するのか? 本来、熱中症・熱射病・日射病の予防の為出る。 上記病態によって、異常発汗等をし、脱水症状を起こす。(一部例外はあるが)

熱中症・熱射病・日射病の予防であれば、先ず湿球・乾球温度管理が絶対だ。それをせずして水分補給だの、愚の骨頂である。 それ以前に熱中症・熱射病・日射病を理解・説明できないようでは会話したくもないが。

“うさぎ跳び”もそうだ。 何故悪いのか? 辞めた事によるデメリットだってあるのだ。 

予想外に長くなったので、うさぎ跳びに関しては後日書きたいと思う。


とにかく耳や目に入った情報だけではなく、自分の頭を使ってくれ、諸君!

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!