« パーソナルランニングでダイエット | メイン | 水分補給とうさぎ跳び »

靱帯損傷とビタミンC

100206a.jpg

リハビリ期間中に注意しなければならない食事として、全体摂取量はもちろん、高タンパク、低脂肪などがあるが、今回は靱帯損傷、とくに “ビタミンC” について触れてみたい。


そもそも人間は筋肉だけではなく、皮膚・髪の毛・骨・血液のヘモグロビンの材料など、人間は頭の先から足の先までタンパク質で出来ている。 当然治癒を考えたらタンパク質は最重要栄養素になる。 さらにカルシウムは骨の素材となり、軟骨の素材成分ではコレーゲンが大切になる。

コラーゲンは体内生成されるが、その素材は “タンパク質” と “ビタミンC” である。 しかし多くのスポーツ選手は基準ビタミン摂取量を満たしている事は少ない。 これは一般人も同じである。

ビタミンCの吸収は、一度にとった摂取量、食後と空腹時、個人差も大きい為、具体的にどれだけの差があるかというのがなかなか明言しにくい。 ある非喫煙者を対象にした研究では、食後に各摂取量を摂取した時の腸管吸収を測定したところ、100mgでは80~90%吸収されたが、5,000mgでは20.9%と一度に多く摂取した方が “吸収率” は下がったらしい。 しかし、 “吸収量” としては、5000mg摂取の方が多くなるのである。

日本人の食事摂取基準(2005年版)では、上限量(過剰摂取による弊害を起こさない摂取量)は特に定められていない。しかし、一度にg単位(2000mgなど)摂取すると下痢を起す場合がある。 報告によると、ビタミンCを摂った事のない人が、空腹時に一度に1g以上摂取すると下痢を起こすことがあり、また、2g以上では下痢を起こす人の割合が増える。

そのようなことから日常的に摂取をを心掛ける。 例えば果物でいえば1食につき100~150gとか、オレンジジュースであったら200ml程度を毎食取り、体内に絶え間なく補給し続けることが大切なのだ。 だが、分かっていてもなかなか出来ないモノである。 そこで、個々に合わせて上手にサプリメントのアドバイスまで出来て初めて“ケア・アドバイス”なのである。やみ雲に摂れば、勧めればイイってモンでは無い。 その辺はご承知の通り、小生の得意分野なのだ。  あとは来院時にでも。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!