« 深夜活動中in幕張 | メイン | 定期的なケアとは? »

救世主に思いを馳せる

100119a.jpg

先日、現日本ハム投手コーチ小林繁氏が57歳の若さでこの世を去った。 あまりにも若すぎる人生の引退である。

子供の頃、あのサイドスローがカッコよく、よく真似もし、みんなのヒーローだった。

巨人江川卓氏とのトレードを、子供ながらに皆であれやこれやと言い合い、最後は皆が小林選手のマネで終わる、そんな毎日の放課後を過ごしていた。

「勝負の世界だから、変な同情はいらない」といった小林氏。その言葉の通り、阪神に移籍した79年、巨人の前に仁王立ち、22勝をあげ、最多勝のタイトルと2度目の沢村賞まで獲得している。 その姿が未だに小生の人生に少なからず影響を与えたことは間違い無い。

球団分裂まで発展しかけたこのトレード事件、小林氏があくまで阪神入りを拒否していたら、コミッショナーの収拾案も実現せず、現プロ野球界が本当に存在しなかったかもしれない。

文句ばかりを言って腐る人間が多い昨今、腐らず前進する姿は永遠にこれからも皆の心に残る事だろう。 本当にお疲れ様。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年01月19日 08:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「深夜活動中in幕張」です。

次の投稿は「定期的なケアとは?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36