« 昨年を振り返り『腰痛編』 | メイン | きっと貴方も誤診です。 »

昨年を振り返り『膝関節痛編』

100107a.jpg

さて本日は昨年度膝関節痛について。 

加齢・過使用によっての周囲炎はもちろんなのだが、皿だ靭帯だが折れた切れたという患者が多かったのも昨年の特徴であった。

これも屋号を変更した事が、少しづつ定着してきた成果だろうか。  特に目立って多かったのが、小学生・中学生・高校生の運動している子、しかも半年以上患っている子が多かった。

昨日の話ではないが、子供は身体だけではなく頭も柔らかい。 大人以上に客観的に状況・症状を伝える事が出来る。 怪我をしてしまった理由、痛みの原因、それがなぜ良くならないかの説明を、大人のように斜に構えて聞くような子は一人もいないのである。

結果、誰一人としてスポーツを中断させる事などせず、必ず改善方向へ向かわせる事が出来る。

最新の医療や知識で治るのであれば、とっくに病院で治っているのである。 車や機械と一緒で、使い手にも故障の原因があると言う事。

今年は更に競技特性に合わせた治療を強化予定である。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年01月07日 09:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「昨年を振り返り『腰痛編』」です。

次の投稿は「きっと貴方も誤診です。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36