« @国立スポーツ科学センターへ | メイン | 年末年始も気を抜きマセン!! »

フェンシングで小・中学生スポーツを考える

091229a.jpg

昨日は、ナショナルトレーニングセンターで行われた、フェンシング協会主催の“ミニム フルーレ ナショナル キャンプ” に同伴させていただく機会を頂けました。

今回は北海道から九州まで、日本全国から大会で上位入賞実績のある小学5年生を対象にしたもの。
時間を追うごとに緊張が取れたのか、イキイキをしてくる子供たちの顔が印象的でした。

更に印象的であったのが、それを指導なさる先生方の熱心さ、気さくさ。 それでいて厳しさもしっかりお持ちで。 子供たちに対してのびのびさせるところ、厳しく叱る時は厳しく。 もちろん泊りこみである今回のキャンプ、セキュリティーの問題もありその他の問題もありで、親御さんは施設内への立ち入りは一切禁止。 

“郷に入っては郷に従う”

今はそれすら理解する事も、努力する事も出来ない、トコトンまで自分のしたい欲を押させられない大人がごまんといる。  ウチにやってくる子供の患者の内、半数の親がそう。 治しに来ているのに、用事があるから、時間が無いからと言っていては、そりゃ治らん。

上達する為の先生方の熱心さが、ひしひしと伝わってくる一日であった。

その他詳細は、後日メンバーサイト、もしくはmixiにでもアップしていきたいと思う。

未来のオリンピック選手たちよ、ガンバレ!!

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!