« ヤッタゼ!柔道新ルール!! | メイン | 今年最後のオモロ企画 »

ゴジラ松井移籍に学ぶ

091216a.jpg

既に皆さんもご存じなニュース、『松井秀喜選手、ヤンキースからエンゼルスへ移籍』。

“DH(指名打者)” では無く、あくまで “野手” へのこだわり。

地元ニューヨーク・タイムズ紙は「連日大勢の日本メディアに囲まれながらも平常心を保ち、チームメートの尊敬を集め、地元記者からグッドガイ賞に選出された」と同選手の人柄にも言及したらしい。

日本人ならみんなよく知る、そんな人柄の松井選手でも、いや、だからこそ絶対に引けないこだわりがあったのだろう。

ニュースのコメントによると松井選手は、昨年9月に手術を受けた左ヒザも徐々に回復。 「ただ打つだけではどんどん選手寿命も短くなって体力も落ちてくる。今の使われ方だと先が見えてしまう」 と、外野守備に就くことを希望して、自主トレに励んでいるそうだ。

まさしく “長期的に物事を考えてうえで、短期的な行動を取れる” 、そのものである。

今だけ現役を続けたい、今年はこんだけお金が欲しいでは全く無い。

やはり世界に羽ばたける人は違う。 それはスポーツ選手もビジネスマンも一緒だな。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年12月16日 08:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ヤッタゼ!柔道新ルール!!」です。

次の投稿は「今年最後のオモロ企画」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36