« 裏技、奥義・秘儀公開 | メイン | 時間と身体とお金の関係 »

腰痛デフレスパイラル

091122a.jpg

政府がデフレを宣言しましたが、分るような分らないような。

モノの値段(物価)が下がり結果としてお金の価値が上がるデフレと、その逆のインフレ。

なんとなくデフレはお財布にやさしい気がしますが基本、供給過剰でモノが売れない状態なのです。 緩やかなデフレは良い場合がありますが。 バブル後が典型的なデフレですわ。

インフレの分りやすい例ですと、100円で買えたパンが10,000円になってしまう。→月給20万円の人は、パン20個しか買えない。=20万円の価値が100分の1になったということです。 お弁当の値段が500円→50,000円になったら楽しいランチどころでは無いという事。

その逆のデフレの連鎖、いわゆるデフレスパイラルは、

景気が悪化
   ↓
商品の売れ行きが悪くなる
   ↓
売れないので値下げする
   ↓
値下げした分、企業収益悪化
   ↓
給与削減
   ↓
家計が苦しくなり、商品の購入を控える
   ↓
さらに景気が悪化
   ↓
ますます商品の売れ行きが悪くなる
   ↓
売れないのでさらに値下げする
   ↓
値下げした分、企業収益悪化
   ↓
さらに給与削減
   ↓
ますます家計が苦しくなり、商品の購入を控える

悪循環が続きデフレがどんどん進んでいく。そうなると企業はばたばた倒産し、失業者は増え、企業年金もパーになり、物価が安くていいなんて喜んでいられない深刻な社会となる訳です。


あれ? ナンかに似てません?!  そうなんです! 良くならない良くならないという患者とそっくりなんです!!!  上っ面・目先だけ見て最初喜んでいても、病院を渡り歩き、結果どんどん悪循環の方向へ行ってしまう。 それがたとえ、痛みが取れたとしても。

長い目で見て、自分の将来を見据えてもらいたいものだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年11月22日 08:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「裏技、奥義・秘儀公開」です。

次の投稿は「時間と身体とお金の関係」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36