« トライアスロンに必要なモノ | メイン | 金儲けか、職人か?! »

腰痛は“整形外科”ではありません。

091105a.jpg

少々過激な題名ではあるが、決して整形外科がダメだという意味では無い。


小生はこの数年、訳あって縁あって “神経内科” の勉強しかしていない。


本来、腰が痛い、膝が痛いという場合は “神経内科” に行くべきなのである。

既存患者にその話をすると、 『なんだか精神的に病んでいる人が行く見たいよね』 というが、そのイメージは心療内科、精神科。

腰が痛いからといっても骨・肉が原因とは限らない。 内蔵の原因もあれば、脳で手足が痺れる・動かないだってある。 内臓なら内科で、脳なら脳神経・脳外。

“整形外科” は文字通り、 “外科” 的に “形” を “整” える診療科目。 だから基本、折れた切れたが専門。 手術で繋ぎ、引っ張って伸ばし、コルセットで固定して。 形を整えるのが中心。 だから形を整える必要が無いと、 『異常無いね、ハイ湿布』 となる。 整形外科も接骨も、折れても切れてもいなければ行くところでは無いのが本来。

だから勝手に決め付けて行く患者にも、多くの問題が有るという事なのだ。

何で痛いか、何が原因なのかを考えるのが “神経内科” の先生の得意分野。

患者も治す側も、目先の治療方法に捉われていては答えは出ない。

なかなか治らない症状こそ、ウチの真骨頂を発揮できるのである。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年11月05日 08:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「トライアスロンに必要なモノ」です。

次の投稿は「金儲けか、職人か?!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36