« 相模大野青空バザールへレッツゴー! | メイン | サタデーナイト・ランニング下見会 »

大好評でした!超音波ネタ。

091031b.jpg

今回の地元タウン誌に載せた“超音波ネタ”、予想に反して大好評なようです。(現在継続中)

広告嫌い嫌いと言いながら、こう不景気じゃそんな事言ってられませんし。 

毎年テーマを持って仕事をしています。 今年はこんな人、こんな症状を請け負おう! その為にはこんな努力・勉強をしよう! だから告知はこんなようにしようと。

今年は数年ぶりに継続広告も出してみました。 

なんか、本や雑誌の他人請け売りコピペ文章が嫌なので、極力しゃべり口調で今回は掲載してみました。

今回の物理療法ネタ。 実は意外に専門で勉強できるところが少ないんです。 これは民間療法、有資格、医師関係無く。 

前職で各種測定機器、物理療法器、医療器の取り扱いもしており、多くのメーカーさん、その開発の先生達の話を聞く機会もありました。  その話には機械屋さん目線の話、ドクター、使い手側目線の話と微妙に解釈・ニュアンスが違ったりします。 それらを今度は患者目線に治す事が出来るのが、今の私の最大の武器です。

以前、とても仲の良い某医療機器メーカー営業の知人が、ある医療器を、とある整形外科に納入した話をしてきた。
実はその医療器、当施設にもあるのだが当時は最新で新機能満載で、いろいろ説明攻めにしてしまった。 するとその知人は、その整形に納入半年後に再度訪問したところ、納品時に説明したスイッチ以外、使った形跡も触った痕も無いのだと言う。

その理由を何故だと尋ねると、彼は 『簡単ですよ、院長は買うのは自分だが使うのは自分じゃないと思い、スタッフは買ったのは自分じゃ無いからと思っているんですよ』 と言ってきた。

確かにそういう空気って、患者の立場、素人の立場だって判りますよね。 機械じゃなく、結局人なんですよ。

そんな空気が判れば、良い治療(院)は見つかりますね。 ウチも頑張ります!!

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!