« 赤い羽根共同募金と善意 | メイン | 搭乗者保険とゴルフ好き健康保険 »

どっちもどっちお互いさまで済ませてはいけない

0091020a.jpg

今朝もこんなニュースからで申し訳ゴザイマセン。

“拾い主が謝礼求めて落とし主を提訴”

う~ん、どうなんでしょう... 拾って謝礼を求めるのも、ん?ですが、落とし主の態度も、ムカッ!なのかも知れませんし。

事実は判りませんし、TVドラマでは無いですからどっちが悪いか白黒決める事体、人として悲しいですしね。

どっちもどっちお互いさまと言えばお互いさまかもしれませんが、双方、もしくはどちらか片方が違う態度を取っていれば不快度数は激減するのでしょう。

車の運転などをしていても思うのですが、こちらが明らかに停まって道を譲っていたとしても、会釈も何も無しに当たり前のように素通りする奴。 そいつの家族もそんなレベルの人間なのだろうと卑下する... お宅の家族は大丈夫であろうか?

“ありがとう” や、 “ごめんなさい” 、 “おはようございます、こんにちはが言えないても良いと、誰が教えたのだろう?!

そんな人として基本な事も出来ず、教えられぬような世の中にしてはいけない。 

あまりにも低次元な争いが多い今日この頃だ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!