« 気持ちも身体も今日が節目! | メイン | 2016年オリンピックはリオに決定!! »

整形外科マッサージ院整体院の経営と業務改善

091002a.jpg

昔を振り返って、5、6人で70~80人の患者を診るのと、スタッフと二人で40~50人診ている業務効率は雲泥の差。 効率も上がり精度も上がり、治癒も向上する。 ほぼ3年かけての業務改善。 もちろん人件費も大幅カットで、その分治療費の据え置き等で患者さんに還元。

病院でも一般企業でも、黒字か赤字かの基準は人件費による影響が多い。

人数が少ないのが良いのでは無く、様々な企業努力をしているかどうかが人から多くうかがえると言う事。

知り合いの柔道整復師に、治療自分ひとりと受付パートおばちゃん一人、計二人で毎日一日60人以上診ている奴がいるが、今時たいしたもんだ。

限られた範囲で最大の効果を出そうとする。  そう、常に最大の効果を出そうという、その気持ちこそが全てなのだ。

だから、駅前で、若いバイトいっぱいで、毎回担当違くて、安いマッサージコースがあってなところでは、何となく治る症状以外、根拠に基づいた質の高い治療を受ける事など皆無なのである。

情報の多い今日、我々より患者の方が賢い。 社会的常識を持っていれば軽く見透かされる。

経営とは売り上げ計算では無く、如何に人と人との繋がりを考えるかという事なのである。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!