« 搭乗者保険とゴルフ好き健康保険 | メイン | トレーニングをする動機、しない理由 »

MERRELL(メレル)なアウトドアシューズの選び方

091022a.jpg

既にご存知の方も多くいらっしゃるかとは思いますが、わたくし前職はスポーツメーカに勤めており、取扱商品のひとつに今では超有名なアウトドアシューズ “MERRELL(メレル)” がありました。

もちろん現クリニックでもご紹介・販売もしており、知らずに来た患者さんは 『何故ココでメレルが!?』 と驚かれる患者さんも予想以上に多くいらっしゃいます。

昨日もメレル愛好者の女性患者さんと、既にお持ちのメレルシューズについてのアフターフォローを致しました。

実はウチで購入した訳では無いそのメレル、右足首のところがどうしても当たって痛いらしく、購入して以来ほとんど履かれていないとの事。 過去その相談を大手販売店でもされたらしいのですが、まったくもって明快な答えは頂けなかったそうです。

実際お持ちいただいた現物を見ると、たしかに少々内側に入っている気もします。 ですがそれは左右ほぼ同じで、しかも同サイズのウチのスタッフが履いてみても、別段当たらないのではと。
当たる部分だけでは無く、ソールからアッパーまでくまなくチェクします。 

数回しか履いてはいないというそのシューズ、アッパーも大変綺麗であり、ソールの減り方ももちろん僅か。 それでも “癖” はわかります。

そこで原因・可能性を幾つかあげました。

まず一つは足首の内反。 右足の方がさらに強い。

歩くフォーム、足の振り出し・着地の問題。

新しくてまだ馴染みが出ていない事。

それと一番は、購入時の販売員の知識・アドバイス不足。

そのモデルのシューズはミッドカットとローカットがあり、患者さんがお持ちなのはローカットモデル。
そこで何故店員はその女性患者さんに、ローカットモデルを勧めたのかと?

そのローカットモデルのキャッチは、 “アクティブなスピードハイクに” 。
基本はミッドカットモデルと同じフィールドを提案しているが、より速く歩く人、歩ける人、より上級な、速く山を踏破する為のモデルであるのだ。

山も平地も大丈夫だから、初心者だから、女性だからローカットなんて接客をしていたら大間違いである。

販売が専門なら、より専門な商品知識を持つべきである。 それが無いなら単なる売り子である。
先日もブログで書いたが、店頭とネットとの差はそこにあり、素人の所詮上っ面な商品知識以上でなければならない。 ネット通販に流れる理由は、レベルの低い安物買いな客に問題はあるが、質の低い店頭販売にも問題はある。


適切な歩き方、紐の通し方、靴下のアドバイスをした後、 『とても良いお靴ですから、大切に履いていきましょうね』 と声を掛け、笑顔で帰っていかれる後姿をお見送りしました。 ココが販売員の最大の喜びなのですから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!