« シルバーウィークもちょっとお得 | メイン | 治療・理容・美容・医療適正対価 »

交通事故後遺症と保険治療

090920a.jpg

昨日久方ぶりにやって来た患者さんがいた。 話を聞くとちょうど来なくなった半年前に交通事故に遭い、整形外科に通院していたらしい。 示談になり、まだ辛いと言ってやって来た。

実は当院、過去殆ど全ての損害保険会社を相手に保険治療をした事がある。 現在通院中の方もいる。

ここでひとつ、保険治療について考えてみよう。 そもそもここで言う保険治療とは、我々が一般で言う“保険”とは異なるもの。 風邪をひいて内科に行く。 これは国民健康保険であったり、社会保険であったりする。 交通事故は損害保険会社が支払う場合が多く、それは一民間企業である損害保険会社が社内的に決めたルールであり、払う払わないはその会社が、担当者が判断するに過ぎない。

本来辛く、苦しんでいる人を助けるのが保険であるのだが、出来る事なら支払いは最小限にしたいのが企業の摂理である。 そもそも出来るだけ金を取ろうともくろむ輩も数多くいるのが現実であるし。

損害保険会社担当者から電話がある場合、何の為に電話をしてきたのかと尋ねる。

“病院では無いですね、ハイさようならなのか、治してあげる事は出来ますか?なのか” と。

以前、医師である既存患者が事故に遭った時など、上記の話などする事も無くスルーで、宜しくお願いしますで話は済んだ。

やみ雲にダラダラ治療したって此方の評判を下げるだけだし、そもそも生命の危機を伴う大事故出ない限り、交通事故後遺症のその殆どが適切な治療・予後を過さなかったせいにある。 良くもならないのに毎日病院で牽引したり、動きも働きもせず筋力低下を自ら引き起こす。 その証拠に、交通事故後遺症だとやって来るその殆どが加害者では無く、被害者なのだ。

外科的処置が必要なほどでは無い場合、10回前後、3ヵ月程度あれば十分である。 

治す側も患者側も、金の為に治療を行わない世の中が来る事を願う。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!