« 内側・外側、前十字・後十字靱帯損傷 | メイン | 打撲・捻挫に肉離れでガンバレ! »

ぎっくり腰で整形外科や整体院に求めるもの

090915a.jpg

予想通り例年通り、毎日のようにぎっくり腰の患者さんがやって来ます。

当たり前なのだが皆、治して欲しくてやって来るのだが、その“治して欲しい”の“治して”の部分が皆違うのである。

それは今すぐ治ったら良いには決まっているが、ただやみくもに今すぐ今だけ治してくれと言って来る患者もいれば、何度も繰り返しているのでしっかり治したいと言う患者さんもいる。

痛みについても強さや場所だけではなく、どういう時に一番不具合・不都合を感じているのか。 
長時間座っているのを治して欲しい人もいれば、立ち上がり時等、動作の初めでグキッと痛いの何とかして欲しい人もいる。

患者各々痛い・治すが皆違い、自分で自分自身の痛い・治すに気が付かず考えずやってく患者がほとんどなのである。

まず患者は何を求めてやって来るのかを正しく理解し、痛みを止める治療優先なのか、動ける事を優先とした治療を行うのか。 
理論や検査ですべてが治るのであれば、ぎっくり腰は世の中から激減する事だろう。

知識・技術・理論では無い、他にもっと大切なものがある事に、患者も治す側も気が付かなければならない。

我々の目標は、全ての患者さんが毎回笑顔で帰っていかれる事なのだから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!