« 富士登山にトップテン | メイン | 最新手術・技術・トレーニング »

Photochromic(調光)レンズ

090903a.jpg

昨日の日記冒頭でふれた“Photochromic(調光)レンズ”について書いてみる。

「紫外線量」「温度」によってレンズ表面のカラーが自動で変化するレンズのことを「調光レンズ」と呼び、紫外線を浴びることで濃度が濃くなり、紫外線を遮断することで濃度が薄くなる仕組みになっている。 変化所要時間はおおよそ1~2分程度とのこと。

通常、調光レンズは紫外線の量が多く、気温の低い屋外において、濃度がより濃くなる。冬のスキー場や標高の高い山に登ったときなどがこれに一番該当する。

また、ドライブ用にということで検討されるのであれば、最近の車のガラスは紫外線カットされているものが多く、運転中の眩しさよけとしては物足りなさを感じるかもしれない。

更に夏の浜辺では紫外線の照射は多くても気温が高くなり、ものすごく濃いという状態にはなりにくいのである。 そう、高温下では色が変わりにくいのだ。


さてここで更に詳しく調光レンズの製品特性を挙げてみよう。

まず変化するチカラの寿命。 浴びた紫外線の量によって効力の持続年数が変わるので、使わないときにはきちんと管理することも必要。 紫外線が当たらないようにケースに入れての保管を推奨。 使用頻度によるものなので、経年劣化的なものと考えれば仕方が無い。

更に猛暑など気温がとても高い場合、レンズが熱を持つことで漂白作用が働いてカラーが変化しないことがある。
逆に気温が低すぎるのに紫外線が多い時にもレンズカラーが濃くなる事もある。冬場のスキーやスノボではその特性をよく理解しての仕様が必須。

UVカットされたガラス張りの室内や車の中、トンネルの中などでもカラーは変化しないそうだ。

以上の注意点をふまえて使用すれば、調光レンズのスバラシイ機能を有効的に活用し効能を満喫できるでのである。 特にこれからの季節、春や秋、スポーツに最適な気候では競技時間の長いエンデュランススポーツでその特性を最大限に発揮するであろう。

あとはメーカーのうたい文句や上っ面な知識・情報だけの頭デッカチではなく、自分の使用シーンを自分自身が正しく理解するだけである。

ちなみに小生も前職時代に数メーカーのスポーツグラス取り扱い経験もあるので、是非相談してみて欲しい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年09月04日 08:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「富士登山にトップテン」です。

次の投稿は「最新手術・技術・トレーニング」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36