« 富士登山イベント | メイン | 職と学習 »

腰痛考察“診断スキル”編

090826a.jpg

さて、何回かに別けて腰痛について書いていこうかと思う。

普通に文献の内容をアップしても面白くもウチらしくも無いので、少々視点を変えて書いてみよう。

まず今回は“診断スキル”について。


W.Proctor HarveyやJ. Willis Hurstに代表される偉大な医師や医学部教師は、次の5つの診断スキルの統合が必要であると述べている。

1. 病歴
2. 身体診察(視診,触診,聴診)
3. 心電図
4. 胸部レントゲン
5. 適切な検査所見(おそらく心エコー図を含む)


明敏な臨床家であれば、実際ほとんどの症例の診断は最初の2つによってなされる。そして後半の3つは追加検査というよりは、先の2つから得た診断を確認するに過ぎないことが多い。病歴と身体所見から導かれた診断が覆されることは、あまりないのである。

John Michael Criley, M.D.


上記の事項は主に心臓外科についてではあるが、他科においてもX-RAYやMRI、我々民間療法でも検査優先で患者を診立ててはいけないのである。

医療に従事するものは皆、学業の初期に学ぶ事なのである。 だが、いつの間にか患者を理解するという事を忘れ、机上の理論だけで原因・治療を決め付けてしまうのである。 病歴を聞き、今迄どうであったのかすらの確認も無かったりする。 だから“腰が痛い、レントゲン、はい湿布、また今度。”になる。 
最も重要なはずなのだが...

是非、患者側も頭を使って良い治療を受ける努力をしてみてほしい。 今後、病院や治療院に行かれる時、必ずや皆の役に立てる事と思う。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年08月26日 08:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「富士登山イベント」です。

次の投稿は「職と学習」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36