« 動物の事情 | メイン | POLAR(ポラール)上昇高度トレーニング »

メーカに踊らされてはいけない

090820a.jpg

以前も一度、ハイブリッドカーについて触れた事がある。

どうもこのご時世、世の人々は 『どちらがいいのか』、『どれがいいのか』 と安直に答えを出そうとする。 また、それがさも本当の答えの如く、主観で情報を垂れ流す輩も多い。

それが個人だけにとどまらず、大手企業も商売の戦略として使い、いとも簡単に消費者はそれに騙される。

自動車で最近話題になっている “ハイブリッドカー”。 誰しも聞いた事はあるだろう。 それもよく、“T”社と“H”社の車が比較・対照・話題に上る。 お互いが自分の方が優れていると言わんばかりに広告を打つ。 ってか言ってるし。

“T”社は“H”社のシステムに批判的だが、つい最近まで上級セダンに“H”社と同じシステムを使っていたり、CVTと1モータータイプのハイブリッドも市販していた。

“H”社も自社が採用する1モーターがコスト的に有利と主張するのは “間違って” いる。 現実的には2モーターを持つ“T”社は燃費性能でもコストでも有利な部分があるのだ。

つまり、それぞれの自動車メーカーの事情で2モーター、1モーターを採用しているに過ぎず、あたかもハイブリッドの原理原則論として捉えるのは間違っているだろう。 
そのメーカーの販売戦略のウンチクをまんまと鵜呑みにし、知ったかぶりな薄っぺらい消費者になってはいけないのだ。

情報が多い現代で、その情報を正しく利用する方法。 その為に必要な事。


それは自分自身が “馬鹿” から脱皮する努力を怠らない事だ。


最後に、ウチの患者にも設計や販売で自動車メーカーに勤務する多くの人がいるが、その人たちの意見を聞いた上で、小生の個人的なハイブリッドカーに対しての意見を述べよう。

道具として車を使うなら “T”社 、 車を楽しみの一つと考えるのであれば “H”社 だと。

むろん、小生は後者である事も付け加えておく。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!