« 雨だからわかる事。 | メイン | 常習犯の自覚 »

エコカー対決!

090805a.jpg

形・情報に囚われる続きで。

エコカーブームで大人気のT社のハイブリッドカー。 それに続いてH社のハイブリッドカーも大きくマイナーチェンジをして、人気を二分しているらしい。

小生の身の回りにもT社のハイブリッドカー所有者が数名いる。 二社のハイブリッドカーを比べてみると、やはりT社の方が内装は上。 燃費に関してもH社よりT社のハイブリッドに軍配が上がる。

実はここで残るのが、馬力・走りについて。

現在、書店やコンビニ等で販売中の「ベストモータリング」DVDに、T社・H社のハイブリッドカー筑波サーキット3ラップ対決がある。
新型プリウスを服部尚貴氏、インサイトは土屋圭一氏と言う有名レーサーがハンドルを握った。

スタートはブッチキリでT社。 もちろんコーナー立ち上がり加速もT社。 「コーナーはH者の方が速いんだけどなぁ」と言いながら土屋氏が追走。


が!しかし、一周終わるか終わらないかでT社はまさかの失速。 実は以前、T社前期型1500ccと対決した時もまったく同じ展開。 バッテリーが無くなった途端失速。 T社新型1800ccは走行中も充電という事で、今回服部氏はリベンジのつもりだったのだが、筑波のコーナーでH社にアウトから抜かれるという激遅ぶりを披露。軽のターボとノンターボぐらいの差。

そもそもハイブリッドカーでサーキットや峠を攻める輩は先ず居ないだろうが、僅か1分足らずしかもたないパワーと、その後の激オソぶりの事実には驚愕する。

これも問題は、遅いとか速いとかが良い悪いと言っているのではなく、カタログだけの紙の上だけを信じ、コッチの方が速いと思い込み疑わずに居るという事実がどうかと言いたいのだ。

まぁ、ここまで熱く語っては見たが、他人に勧めるのならば燃費もいい、僅か1分でも出だしのいいT社のハイブリッドを薦めるだろう。  H車に乗ってる小生が言うのだから...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年08月05日 08:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「雨だからわかる事。」です。

次の投稿は「常習犯の自覚」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36