« 一番乗り | メイン | 軽い喘息、そのままにシマセンよ!! »

常識と情

090731a.jpg

採用面接の時 『最近はバックレる人が多いんだよね~』 と話を振る。  すると決まって全員 『え~っ、本当ですか?!』 と言う。

必ず3割はバックレる。 あの、 『え~っ!』 が芝居だったのならば大したモンだ。 

理由は何であれ、早い段階で常識的な連絡をするのは当然であろう。 連絡すれば良しとでも思っているのだろう。 そもそも本人はバックレとも思っていないのだろう。 常識から逸脱した辞め方はバックレであり、そのバックレがスタンダードになりつつある世の中になって来てるのではなかろうか。

どんな商売であれ、突然来なくなる客がいるのは仕方が無い。 病気や怪我など、已むに已まれぬ事情もある。
昔から現職の諸先輩方から 「来る者拒まず去る者追わず」 と言われるが、やはり情もありなかなかそうはいかない。 そう言っている諸先輩が一番そうで無かったりもする。

この1、2年、年に数例ある患者のパターンに、来れなくなるその旨をメールで済ます輩がいる。 面白い事にその殆どが、年配のいい歳の “男” だ。 バックレるおばちゃんもいるが、おそらく年配男性は 「自分は常識的だ」 とでも思っての行動ではなかろうか。 「会社を辞めます」 とメールで済ます若者と何ら変わらないとは、微塵も思っていないのだろうな。 ちなみに過去ウチではメールで 『やっぱ辞めます』 と言ってきた若者はいない。

世の中を先導すべきである “大人の男” は何処へ行ったのだろう?!

情、大いに結構では無いか。 情で負けたら人間お終いだ。 情を持ち、その情を裏切らない人間になろうではないか。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年07月31日 08:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「一番乗り」です。

次の投稿は「軽い喘息、そのままにシマセンよ!!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36