« 既往歴が重要 | メイン | バランスが大切 »

落ち着きが無い子と集中力が無い子

090704a.jpg

今どきなのでIT関係の職に就いている患者は多いが、それ以外だと昔から断トツで教育関係の患者が多い。

話を聞いていると落ち着き、集中力が無い子が年々増えているように強く感じる。

そこで落ち着きが無い子と集中力が無い子について考えてみる。

落ち着きが無い場合は、常に交感神経依存でプラスに強く、じっと静かに副交感側にマイナスに振れないタイプ。 これは判り易い。

問題は集中力が無い場合。 単に落ち着きが無く集中できないのであれば判り易いが、集中が出来ないのでは無く、集中が続かない場合は全く真逆。 強くマイナス側、副交感神経依存に陥っているのかもしれない。 当然対処法も180度変わって来る。 

病院でも治療や薬も変わってくる。 徒手療法でも感覚器官を促通する方向性も変わる。 運動でもガンガン刺激するか、ヨガやストレッチで緊張やストレスを和らげるか。

そもそもそのスタートから間違っていたら何の話にもならない。

まぁ、その辺がこの数年のテーマなのであるが。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年07月04日 08:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「既往歴が重要」です。

次の投稿は「バランスが大切」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36