« 治る、良くなる、楽になるの違い | メイン | スポーツ選手と一般人 »

一緒にリハビリテーションを考えましょう

090617a.jpg

名称を変えた昨年より、疼痛解消改善後のケアに重きを置いた施設にしたせいか、患者さんの層が一変した。

一変したのは患者さんだけでは無く、御社に興味がありますと言ってやって来る採用・見学希望の人達にも。

整体やカイロだけでは無く、マッサージ師はもちろん理学療法士・作業療法士も多くやって来る。

皆、現状に不安と不満を持ってやって来る。 もっとこうしたい、もっとこうあるべきではないかと。

それは患者も同じ。 お互いが同じ気持ちであって、初めて前進がある。 どちらか一方でも、まぁこんなもんでいいやぁと現状に甘んじたら解決などあり得ない。

捻挫・脱臼・骨折はもちろん、脳梗塞、脳出血等脳血管障害の患者さんと手に手をとってやっていきたい。 保険で数分、数か月、ハイここまでと期限を区切る様なものではない、将来を見据えたケア、フォローを心がけていきたい。 そんな出会いが増えただけでも、現名称に変えて良かったと日々思う。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年06月17日 08:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「治る、良くなる、楽になるの違い」です。

次の投稿は「スポーツ選手と一般人」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36