« 予想以上に大好評 | メイン | 一緒にリハビリテーションを考えましょう »

治る、良くなる、楽になるの違い

090616a.jpg

昔、治療の大先輩が、 『俺達の仕事は治す事だ。 楽になった、気持ちよかったありがとうじゃダメだ!!』 とよく言っていた。

治った、良くなったと言ってもらって帰って貰わなければダメだと。

患者は何の為に来るのか?


当初は治しに来たはずなのだが、そのうち終わった後の気持ち良さだけに満足してしまうようになる。 また、治す側もそのように仕向ける。 揉んでもらって少し楽になっても、治ってないのにダ。
いつの間にか軸がぶれてしまっているのである。

もっとも、最初から気持ちよさだけを求めていたのなら仕方が無い。 それなら駅前にあるそういう処に行けばいい。 どことは言わんが、最近は保険のきくマッサージぐらいで治療する輩もいるし、またそれに釣られて行く患者もいる。 本来の医療保険制度を理解していない低い意識なのだから、そりゃ破たん寸前になる訳だ。

今の症状を治す、良くなる。 楽になる、気持ちよくなるは治っていないと言う事を今一度考えてみれば、きっと新たに見えてくるものがあるのだ。

小生と同じ志をもった奴は、世の中に沢山いる。 出会えさえすれば答えと解決は必ず見つかるのだから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!