« 限定朝ランニング&ウォーキング | メイン | 撤退 »

男としての自問自答

090505a.jpg

小生は学生時代より、友人や後輩、現在のスタッフ、患者に対しても、人として一番大切な事は “自問自答” であると言い続けている。


自分で自分に問い、考え、答えを出す事。


これが出来ない大人が昨今多すぎる。

暫らく前、小生は70を過ぎる自分の父親と少々言い合いをした。 長年家族を守ってきた父。 家族を守るのが親の役目だという父。 それ自体は小生も間違いだとは思わない。 しかし、その 「家族を守るのが親の役目」 だという言葉、その言葉は自分自身の中から発せられた言葉なのかと問いただした。
十九、二十歳の男の子が、 「女の一人ぐらい守れなきゃ男じゃネェ~」 ぐらい言う言葉。 誰かが何処かで言った言葉を、さも自分の考え、自分の言葉のように勘違い・錯覚して発しているのと同じではないのかと。


テレビやネットなどの情報が氾濫している現在、 それらを見聞きし、元は誰が言ったのかも判らぬような情報を鵜呑みで信じ込み、行動・思考を自分の如く主張する。

そこに “男としての自分” は、まるで存在していない。 

何度も書いた事があるが、小生は資格マニアが大嫌いだ。 一生他人が作ったモノの上で、自分自身が何も無いまま生きてくれ! 資格で治るなら医者ですべて治るんだから!!

教師だろうと、弁護士だろうと、医師だろうと間違えは存在する。 自動車の運転免許だって、資格とって免許取得したら世の中全員事故起こさないのかい?! 原因は全く違うとこにある。

間違いとはそう言う事。

誰かに教わったり、教えてもらうものでは無い。

自分を見つめなおし、自分自身を問いただし、自分の力で答えを導きだす。


それが判る “男” が減った最近の風潮は実に嘆かわしく思う。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年05月05日 08:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「限定朝ランニング&ウォーキング」です。

次の投稿は「撤退」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36