« 確率の問題 | メイン | 春だ!運動だ!!スポーツだ!!! »

疲れをとるには疲労を知る

090404a.jpg

春は学校や職場、引っ越しなど、多くの人に様々な生活環境変化が起こる時期。

溜まりに溜まって1か月で五月病なんて言うのもあるぐらい。

さて、果たしてその疲労はどこから来ているものであろうか?

肉か、骨か、内臓か? はたまた単なる根性か?!

冗談ではなく、それを正確に知る努力などを真面目にしている人がどれだけいるのだろうか。

例えばその手法のひとつを、21時から行なうワークショップで平日毎晩患者向けに実施している。

詳しくは後日時間があれば書くが、心循環器系と筋持久力等との関係を調べ、疲労のタイプを絞り込み、今の状況を把握し、今後どうの様にするのが良いのかを本人にわかりやすく理解させる。

来年再来年、5年後10年後、誰でも歳をとり、近い将来健康で元気でいる為の提案をする。

これこそが我々の仕事なのである。

もっとも今だけ誤魔化す方が、ナンでも商売にはなるのだがな。




**頭痛・腰痛(ぎっくり腰)・関節痛 スポーツ障害、リハビリテーションならお任せ下さい**
麻生スポーツ理学センター(http://www.asao-sp.com)
***新百合ヶ丘・柿生 麻生区、小田急線沿線で整体・カイロ・マッサージをお探しなら***

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年04月04日 09:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「確率の問題」です。

次の投稿は「春だ!運動だ!!スポーツだ!!!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36