« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月 アーカイブ

2009年02月01日

サプリが女性に大好評

woman_p090201.jpg

びっくりというかやっぱりと言うか、女性用のサプリ “ウーマンズ・チョイス” が予想以上に大好評です。

不足しがちなカルシウムが強化されているのはもちろん、赤血球生産に関与する葉酸で貧血予防や、何よりも老化予防の核酸摂取で若々しくと言うのに女性はビッタリ惹かれるのでしょうね。 
患者さんもお肌が化粧がと大喜び。 う~ん、男にはなかなか体感できんしなぁ...

仕事でサプリ・栄養の講義もしてたので、何かお役に立てる話も出来るかも。 とにもかくにも今一押しお勧め商品デス!!

2009年02月03日

豆まきかのり巻きか

090203a.jpg

言わずと知れた節分。 子供ん頃はバンバン豆まいてた記憶しかないが、今じゃいつの間にか恵方巻きののり巻きに。

節分の夜に恵方に向かい太巻きを食べると幸福になるという言い伝えからこの日が生まれたらしく、しかも太巻きはひとりで1本食べきるまで誰とも話してはいけないとか。

でもって海苔業者が1987年(昭和62年)に、今日を“のり巻きの日”と制定したんだと。

豆は一体どこへ行ったんだか? 3、4日経って部屋の隅に転がっていた豆拾って食ったりしたっけな。

まぁたしかに豆よりのり巻きの方が売上げにはなるからそうなるか。

2009年02月04日

都会の皆様、お久しぶりです。

090203b.jpg

火山灰です。


都心より三多摩地区の方が多かったのでは。


090204a.jpg


一昨日の休診日朝、車を修理すべく駐車場へ。  隣の家のでっかいベンツ、相変わらず汚ぇ~な~と思いながら。

ってか、オレの車も汚ねーじゃん! (」゜□゜)」

火山灰か。 そーいえばTVで言ってたな、浅間山が噴火しそうだって。


火山灰で大人になって知った事。 ニュースで『降灰で農作物が被害』と聞いて、洗えばイイじゃん!もったいねーなーと長年思ってました。

違うんです。砂と違うんです。  灰は尖ってるらしいんデスな(´ω`)  だから洗ってもそう簡単には取れないと。

だから心底もったいないと。


農家の皆さんのご苦労お察しいたします。

2009年02月05日

プロ野球

知ってましたか、 今日がプロ野球の日だって。

また暦ネタになってしまいましたが、意外と知らんですね。

1936年(昭和11年)に全日本職業野球連盟が結成され、プロ野球が誕生。 当時の加盟チームは「東京ジャイアンツ」「大坂タイガース」「名古屋」阪急」「東京セネタース」「大東京」「名古屋金鯱」の7球団。 いやいや、さすがに7球団の名前をしっかり全部は言えませんわ。

それにしても、テレビでナイター観なくなったな...  頑張れ!プロスポーツ!!

2009年02月06日

福来る

090206a.jpg

3日ほど前の話になりますが、節分の日に来て下さった患者さんからの頂き物。

“福豆” ですよ、豆。

何気にイベント好きなのを知っていてのお土産だそうです。  しかも豆好きでもあるし。

ちゃ~んと節分当日に持ってきてくれました。 その気持ちだけで福以上のモノもらいましたよ。

最近ウチにしては珍しく、既存患者さんからの紹介新患さんが多い。 そもそも積極的に新患取ってないと書いてるウチもどうかと思うのだが、診たくないのではなく本気で治したいと思っている人を積極的に診たい。 近いから、保険がきくから安いからというのは超NGなのだ。
今年に入ってやって来る新患さん全員、これまた超イイ人たち。 コッチの方が毎回会うのが楽しみなぐらい。

今年は福が多く、幸先イイぞ!

2009年02月07日

派遣・契約・正社員に思いやり

090207a.jpg

正月から、やれ派遣社員だ契約社員だとニュースや国会まで大騒ぎ。

この不景気で職が無くなる事は、それはとても遺憾。

誰が悪いとか良いとかなんて、もうどうでもいい。 様は皆に仕事があって収入がある事。

自分だけではなく “皆” なんだ。

それを、自分はこうしたいああしたい、これがやりたいこれはやりたくないとなどと、自分の事中心で考えてる奴が居るからダメなんだ。

どうやったらお客さんが喜んでくれる、患者さんが楽になってくれるのか、会社の皆が幸せになれるか、家族知人友人が笑顔でいられるのか。  心が自分しか見ていないのか、周りの皆に向いているのか。

思いやりをもって、愛情を持って仕事・生活をしていれば、皆がハッピーになれると思うのだが...

もし間違っているとしても、俺はそうありたい。

2009年02月08日

基礎・基本の大切さ

090208a.jpg

昨日昼食中、バイト君がいい事を言っていた。

とっても優秀な大学に通う彼が、浪人時代に通っていた予備校のお陰で僕は合格できたと話した。

その予備校のどこが良かったのかと尋ねると、 『基礎からしっかり教えてくれた。基礎が判らなかった自分、基礎とは何かをしっかり教えてくれた』 と言った。

勉強だけに限らず、彼は基礎の大切さをしっかり学んだのだ。

今現在、治療の学校からのインターンを全く受け付けていないが、過去に毎年何十人も受け止めていた時、見学に来た学生に何か質問はあるかと尋ねると、多くが決まって 『先生の主なテクニックは何ですか』 と尋ねてくる。

俺が最もイラッとくる質問ダ。 患者の正しい問診も付き合い方も出来も判りもしないくせに、もっとも大切な基本をぶっとばしていきなりテクニックだとは問題外。

はやくウチのバイト君のように、基礎・基本の大切さに気付いてもらいたいものだ。
もっとも二十歳を過ぎていたら既に手遅れなのだが...

2009年02月10日

スポーツコンディショニング講習会

090210a.jpg

先日の日曜日に当院2Fコンディショニングラボで “スポーツコンディショニング講習会” を実施しました。

ただひたすら漫談の如くしゃべり続けるだけでしたが、4、5年分をギューッと2時間でですからご勘弁を。

ただし、すべての事柄が複雑に関与していると言う事の一部はイメージ出来たかと思います。

今回フォロー出来なかった内容につきましては、ご希望の方に個別に行いたいと思います。
来院時院長までお声をおかけ下さい。

2009年02月11日

便乗でごめんなさい

090211a.jpg

まったく治療と関係無いが、完ぺき便乗です。 バレンタインに。

今週末(2/14・2/15)に来院された方(治療・ラボ、男女問わず)に、当院特製チョコレートをプレゼントいたします。 数量限定、無くなり次第終了です。 トレーニングだけでも、ご来院おまちしております。

2009年02月12日

保険がきく、きかない

070527a.jpg

同じタイトルで過去何度も書いたが、非常に重要な話。

スタッフや後輩たちに、“常に自分の頭に浮かんだ答えと全く違う事を思い浮かべろ” と言う。

今の状況、状態、現状、症状を良い方に変えたいのであればと。 今が間違っているのではというところから始めろと。

学生の頃、自分も含め友人知人たちが痛い・悪いと医者にかかっているにもかかわらずなかなか良くならない事に疑問をもった。

まず何のせいにするか? まず痛い肩や膝、骨・肉のせいにする。もしくは練習・競技、動きのせいにする。  これは全く小学生レベル。

全く違う事を考える。 いっそのこと人のせいにしてみる。 先輩やコーチ、監督、親や医者のせいにでも。 もちろんそれ以上に自分自身の内面のせいにもする。

当時、自分なりに一つの答えにたどり着いた。

“本当に自分は、心底治したいと思っているのか” と。

現在は職業柄、治す側の目線にならざるを得ない。 患者は本当に治すと言う事を第一に考えているのだろうかと。 治療する側も治す事を第一に考えているのだろうかと。

自分自身も一時期、数件の病院や接骨院にかかっていた事があるが、なかなか良くはならなかった。
そこからケアや治療に興味を持った時、医者や鍼灸・柔整になりたのではなく、治す人になるのにはどうしたら良いのかと考えた。


最近特に保険がきく治療形態の施設が街に乱立し始めた。 
例えば保険代は¥500-、あとプラス¥1000-で15分揉みますと。 『¥1500-ぐらいで30分揉んでくれるから安くていいわ』と患者は素人だから考える。 そもそも安い・近いで選んでいるのも大間違いだが、果たして治療する側はどうであるか? 保険がきく事を、果たして治療するという意義で捉えているのか?客寄せでなどとは捉えてはいないであろうか?
それでなくても医療費負担が問題になっている昨今、そんな治療、医療、健康保険の意義・意識を下げるような事は、特に医師の方々が黙ってはいない。

商売をしたいと思っている先生と治したいと思っている先生、どちらに自分が行くべきなのかよく考えて欲しい。 勿論、気持ちよくなって満足なら止めはしないが...

兎にも角にも、藁をもすがる思いで来る患者を騙したり、自分で自分達の業界の首を絞めるような事が起きない事を望む。

2009年02月13日

幸せな事、悲しい事。

090213a.jpg

患者さんが身内の3歳児(♀)にある質問をしたらしい。

〇〇ちゃん、幸せ?  と。

うん、幸せと!  と笑顔で答えたらしい。

幸せってなぁに?  と質問すると、

笑顔!!  と答えたそうだ。 逆に、

悲しいってなぁに?   と質問すると。

誰も居なくなる事!   と答えたのだと。

どうやら、子供が読む本でそう書いてある話があるそうなのだが、深い。

人生でもっとも大切な事。 そのもっとも大切な事を常に意識して生きなければならない。

しかし、それを忘れている大人が世の中に多すぎる。 

自分自身も、自分の身の回りも、それだけは避けなければならない。

そして誠実に生きたい。

2009年02月14日

バレンタインで整体院?!

090214a.jpg

もうかれこれあさお整体院の頃から数えて10年以上、毎年バレンタインデーの日に来院された男性患者さんにはチョコを差し上げてます。 もちろん女性スタッフから手渡しで。

皆こんなとこで貰えるとは思っていなかったらしく、スゴク喜んでくれます。 (内心、あげたのは僕なんだケドな... と腹黒く思ってみたり 笑 )

今年ももちろん差し上げます。 今回はチロルチョコさんで、オリジナルデザインを3柄作ってみました。 残り2柄は来てのお楽しみです。

数量限定なのでお早めに! (詳しくはmixiコミュをご覧下さい)

2009年02月15日

過去を美化するダメな奴

090215a.jpg

過去何十人、何百人の治療家になりたい、治療家を目指していると言う奴と会った事か。

真面目に、実直に、地道に患者さんと向き合って治療をしたいと思っている奴には言わないが、やれスポーツだ、やれ最新の治療だとカッコつけしい、商売っ気ムンムンの奴にクギを刺す話がある。

まず、 オマエはいつまで自分自身、スポーツをしていたのだ と。

過去この質問をし、体育大でという奴にまず会った事が無い。 その殆どが中高生時代、ヒドイと小学生の時などと言いやがる。 遠い昔に辞めてしまったスポーツを、自分の中で完全美化してしまっている。

たとえば患者でやって来る子供の親が、悪くなってもイイから小学生の時だけスポーツやらせリャイイなんて思っているか? 常識的に考えたら長く出来るようにと思うだろ?!  自分自身が長く続ける事も出来ない奴に、長くやりましょうなんて言われたって説得力なんて無いだろサッ。

自分の身の丈も判っちゃいない、上っ面ナ奴。 そういうのを “ニセモノ” って呼ぶんダヨ。  最近も身近にそういう奴がいたから一喝だ。

こんな景気の時だから、消費者の目は一段と厳しくなっている。 だからすぐボロが出て、見透かされる。 “赤ん坊からお年寄りまで、各種スポーツ相談承り中” なんて看板、よっぽどそこの先生、大先生なんだろうな。

まぁ兎にも角にも、本物を見抜く目を持ってくれ。

2009年02月17日

すんません、他人のせいで。

090217a.jpg

厳しい奴に思われがちですが、結構アマアマです。

トクに自分には。  他人に厳しく、自分に甘いダメパターン。

先週暇な日は極力他人のせいに。

水曜日はサッカーのせいに。

金曜日は13日のせいに。 (キャーッ!)

しまいにゃ方角のせいにしてみたり。

で、バレンタインデーは...

激混みデシタ(爆   週末全滅激混みでした。  コレで週末も暇なら廃業しますわ。


何が言いたかったかと言うと、気合だけじゃダメだと言う事。 怠け現実逃避ばかりじゃダメだけど、時には緩め、目を細める事も必要。  そのかわり、サボる時も本気でサボる。


“勇気あるリタイヤ、明日への一歩”


イイんじゃ無いですか、タマには。

2009年02月18日

対症療法(対処療法)

090218b.jpg

先日、ある事をきっかけに改めて考えさせられた。


“対処療法とは何か?” と。


“対処療法”は間違いであり、正しくは“対症療法”。  表面的な症状の消失・緩和を主目的とした治療であり、一般的にはあまり望ましくない治療とされている。

では対症療法がダメなら何かと言えば、“原因療法”なのだ。 これがまた難しい。 様々な文献に良く用いられる表現だが、たとえば胃痛。 胃薬で痛み止め。 これは対処。 原因が胃潰瘍で薬剤によって制御したり手術によって除去する事が、一般的に原因療法とされるが、そもそもその原因が職場の人間関係の心労である場合はどうであるのか?

ヘルニアや靭帯損傷もそう。 手術で除去・再生は本当に原因療法と言えるであろうか?

何度も繰り返す、なかなか治らないのであれば、他の原因を模索する。 対症と原因の差はそこにあるのだ。 処置・技術ではなく、双方が模索するというスタンスであり理学なのだ。

特に我々のような民間療法は、病院では治らない症状を根本から治すと掲げるが、実際は今だけ揉んで今だけ楽にが多いのも事実。 これは資格や技術に問題があるのではなく、その人間に問題があるのだ。

それは病院だろうが民間療法だろうが関係無い。 クスリだろうが手術だろうがそんな事は問題では無い。

本当に大切なものは何か、本当に我々が伝えなければならないものが何なのか。 改めて考えさせられる。

2009年02月19日

自分の身の丈の勉強

090218a.jpg

先月、身の回りの同業者で3件ほど閉院したところがある。 さすがに他人事では無くなり、多少の焦りは出る。

さて、ここでどうジタバタするか?

過去、奇をてらって新しい事を始めて良かった試しが無い。 自分自身もそうだが、周りの奴でもダメだったパターンを考えた。

新しい事を始めて問題無く行けば、そりゃ問題は無い。  問題は問題があった時。(当り前か)
失敗する奴が上手くいかなくなり始めた時、どういう思考・行動をとるかで大きく変わる。

いまどき最もダメなのは、すぐネットで調べる、本を読む、講義を聞くで判ったような気になる奴。 自分は勉強したと自己満足する奴。

話は変わるが、先日行なわれた国際女子マラソン記者会見での、Qちゃんが参加選手達に2つほど質問をした。 その一方に 『最近何度、自分が優勝するイメージを持ちましたか?』  と言うのがあったらしい。

ベテラン記者・レポーターも絶賛するほどイイ質問だ。 これはトップアスリートである(あった)Qちゃんだからこそ言えた質問。 中継中の解説も、その内容の評価は高かったらしい。

勝つイメージ、治るイメージ、出来るイメージを自分自身の中でしっかり持てるのか?

他人に頼る前に、まず自分自身と向き合い、自問自答する。 やりたいと言う欲だけで進むのではなくだ。

判らないから本を読む、講義を受ける、ネットで調べる。 本当の勉強、答えは自分自身の中にあるのだ。

まぁ、地道に実直に行くが勝ちと言う事だ。

2009年02月20日

ブログキャンペーン実施中

papaya_pine.jpg

これまた既存患者さん限定企画です。 不景気だからこその企画。

皆に『プッ!』っと笑われてしまっているこの企画。

ですが、景品は今回もそれなりに太っ腹デス! 大人気の脂肪諸々分解酵素の“パパイヤサプリ”も、もちろん入っております!!

既に早速ご参加頂きました方々、ホントにホントにありがとうございます。m(__)m

さすがに少々恥ずかしいので、内容をお知りになりたい方はミクシィコミュ、もしくはメンバーサイトをご覧下さいませ。

2009年02月21日

夏目漱石が好き

090221a.jpg

実は小生、親しい知人・友人、身内も知らないと思うのだが、漱石好きなのである。 

だからと言って人一倍、漱石作品に精通している訳では全く無い。

その作品の素晴らしさを語っても意味が無いので止めておく。

では何故漱石好きなのか?


1911(明治44)年の今日、文部省が作家・夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたのに対し、漱石は

「自分には肩書きは必要ない」

としてこれを辞退したのである。


実際、自分がその様な公の場に立たされたとき同じ事が出来るであろうか? 

良い悪いでは無く、自分の揺るぎない信念を果たして持っているであろうか?!

肩書では無い、自分自身で闘っていく、生きていく事に意味があるのだと考えるのだ。

そんな事があった今日は、 “漱石の日” である。

2009年02月22日

努力の方向(ベクトル)

090222a.jpg

昨日の夏目漱石のところでも書いたが、 資格・肩書き など全く必要無い。

若い頃に取った資格、たとえばそろばんでも漢字でも大人になり振り返り、ドンだけ現在役に立っているのであろうか?

大抵は自分を否定したくないので、アレはアレで経験として役に立っていると、自己否定を避けて生きる。 小生も学生時、訳も判らずやっていた事実に気付き疑問を持ち、その後資格取得を特に否定して生きてきたが、実際今現在役に立っている事のすべてが後者の人生経験である。

今しか出来ない事とは何か? 何も考えていない奴ほど、さも常識だと言わんばかりに机上の勉強の必要性を説く。 他人の請け売りを自分の意見の如く。

感性豊かな若い時であればあるほど、その時でなければ感じ取る事が出来ないモノがある。 紙とペンでは感じられない事が。 

安心したまえ、思っているほど方程式も第二外国語も必要な場面に遭う事など無い。

必要な時が来たら学べばよい。 何に時間と頭を使うのが将来自分の為になるのかを、今の自分の頭で考えて欲しい。

大人であろうと学生であろうと、努力のベクトルを間違えている奴には真の成功・信頼は一生訪れないのだから。

2009年02月24日

リハビリ・トレーニング枠拡大!!

090224a.jpg

コレから春になり、巷のフィットネスクラブも一斉にキャンペーン。

こんな不景気、コチとらだって黙ってはいられません!

平日忙しい勤め人の為に、平日夜の営業時間をドドーン!っと22時マデ延長しちゃいます!!(火曜~金曜日)

例えばウチ1回利用で五百円。 週二回で千円で、ひと月に四千円。
巷のクラブに毎週二~三回行けて、月会費五千円ぐらいなら元取れるでしょう。 ですがそもそも無い時間割いて行っているのに、効率よい的確な指導とカリキュラムが無けりゃ、ムダに金と汗落として効果ナシで終わってしまいますガナ。( ̄‥ ̄)=3 フン

日本での標準的な適正価格は、週三回以上行ける人で月一万円、週二回ぐらいじゃ五千円台が常識的な上限でしょう。 もちろん質の高いソフトがあるの前提で。

過去、日本一フィットネスクラブの取引口座数があった会社で、一番多くフィットネスクラブを見てきたオイラが言うんだから間違いナイ!!

更に声をかけてもらえれば、21時以降は院長も上がって指導しますわ!

って事で善は急げデ今週今日から実施します!!!  行けそうな時は『ゴレからイギマズ~~!!』っとスベリこみ電話下さいマセ(笑)

2009年02月25日

肩こり・腰痛解消への近道大作戦

090225a.jpg

治療に来てもらえば、そりゃ商売になりますが、そこはもちろん来ないに越した事が無い。

そんな事ばっか言ってるからウチは暇なんでしょうが、治療へなんか来る理由が無いのが目標。

その為のウチのリハビリ・運動施設、“2階コンディショニングラボ”

ある程度よくなってきたら、治療・ケアなんか月1回でも2回でもイイ。 その他に必要は自己努力。 もちろんその為のメニュー・カリキュラムは完璧に作成しますよ。

それが一番安上がりで自由に来れて、患者的にはイイでしょう。

昨日から始まったラボ夜間営業時間延長作戦も、早速初日から盛況でした。 ホントありがとうございます。

プチ企画も計画中。 こうご期待!

2009年02月26日

トップでおめでとう!!

090226a.jpg

とっても熱心にボーリングに打ち込んでいる患者の女の子。

最近メキメキ成績を上げ、いろんな大会で優勝・上位入賞の常連に。

先週末に行なわれた全国大会のひつでも、個人トップのスコアだったそうです!!

凄いですよネ~! 小生なんか酷過ぎで口にすら出来ないスコアなのに。

実力ですよ、実力。 その実力を、僕らは発揮しやすいように整えるだけ。 さらにコッチも頑張りますヨ~~(笑)

2009年02月27日

寒いと痛い

090227a.jpg

ビックリしました! 柿生駅周辺、現在バッサバッサ雪が降ってます。

今年に入ってチラホラは見ましたが、バッサバッサは初めてです。

こういう悪天候、ウチは強いんですよ。  雪とか台風とか。

何なんでしょう、たぶん治しに来る人だけだからでしょうね。 そもそも真剣に治す気の無い、美容・癒し駅前治療院は完全即死状態でしょう、こんな日は。

寒い・暑いから来れないと言う人も、うちは少ないですね。 

辛いから治しに来る。 素晴らしい! 小生よりよっぽど根性入ってますわ。

支障や障害のない程度の悪天候、そんな日は大好きな患者さんの集合日ですな。(笑)


あっ、そうそう、 今週末今日から金・土・日の3日間、マイミクさん限定大セール実施中です。
詳細はミクシィ、もしくはスタッフまでこっそりお尋ねください。

2009年02月28日

継続的リハビリテーションのご提案

090228a.jpg

昨今、治療やリハビリテーションをうけたいと思っていても、様々な理由で思うようにうける事が出来ないケースを時折耳にする。

確かに制度そのものの不備もあるとは思うが、どんなに他人のせいにしたところで最終的に困ってしまうのは当事者である本人。

悲しいのが、ご本人が本気で心底治療やリハビリを願ったとしても、それを受け止めてくれる施設の数があまりにも少ないという事実。

以前より当院には脳梗塞や脳出血、パーキンソン等、様々な脳神経疾患の患者さんが数多くやって来る。 口コミや紹介、ホームページ経由でやって来る。

きっと何かしてあげれる事がある筈と考える一方で、安請け合いは出来ないと考えるのも事実。

保険がきく、きかないとか、制度がどうとかこうとか、そんな事どうでもいいから来い!と真剣に、気合を入れて思う。


ウチの運動療法科は1回二千円(チケット1回あたり。税抜き)。 30分から40分診る。 自宅で出来るリハビリ指導も含めてだ。

コンディショニングラボ専科にいたっては1回五百円(税抜き)だ! ある程度自分で出来るよう、出来る気にさえなってもらえれば格安!! 毎日だって来てもらいたい。 どこぞのスポーツクラブと違って、指導するのに金なんか取りゃしねーし。


声を大にして言う。


希望だけは捨てないで欲しい!


協力できる事は必ずあるはずだから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About 2009年02月

2009年02月にブログ「神奈川県随一のスポーツ専門治療院!       “麻生スポーツ理学センター” BLOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年01月です。

次のアーカイブは2009年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36