« 良い先生の分かれ目・見極め | メイン | 柿生最大イベント“だるま市” »

骨折予後リハビリ

090125a.jpg

ウチにやって来る患者の半数は頭痛・肩こり・腰痛など、民間療法にあるごく一般的な症状。

残りの半数は、骨折・捻挫・打撲・肉離れ等の予後不良患者。

昨日、2年半ほどケアとトレーニングでやって来ているある男子患者との会話。

昨年後半、バイク事故で中指骨骨折をしてしまい、退院後の現在はそのリハビリが中心。 その彼がしゃがんだ時の足関節の違和感を病院で訴えたところ、『これはコレ以上治らないですよ』と言われたと話してきた。 もちろん本人はその意見に納得もしていないし、そうとも思っていない。

退院後ひと月ともなって来ると、入院中には気が付かなかった様々な日常の不具合にだんだん気が付いて来る。 しかしその不具合は受傷部位だけの問題とは限らない。 その彼の場合、しゃがんだ時のちょっとした身体の中心軸のズレだけが原因。  なんて事は無い、基本すぐ解決。

昨日も書いたが、患者が何に困っているのか、何かしてあげれる事は無いかと考えれば判る事。ウチにやって来る患者が訴えるその殆どのケースがそれらで解決出来る。 治療や技術だけの知識しか頭に無いから、そんな心無い発言が口をついて出てくる。

ホントに何が進歩して、何が最新なのか未だに疑問に思う。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!