« お手製品追加 | メイン | カスタマーサービスで整体考察 »

適正価格と価値観

090121a.jpg

景気後退感が強い昨今、こんな状況下ではそれは自然と財布の紐もきつくはなるだろう。

日本は患者にとって平等な、とてもいい医療制度のおかげで諸外国ほど金額を考慮せず医療施設を訪れる事が出来る。 結果それが医療・健康に対して、何がどのぐらいが適正なのかを患者も医療従事者も深く考えないケースを非常に多く生んでしまっている。

酷い場合、ただ単純に保険がきくから安い、きかないから高いときた始末。 いったい誰がどれくらい払っているのかも考えもせず。 最悪は行かなきゃ損的な事言ったり、もう完全ユスリ・タカリ、チンピラレベル。

今あるものを取るだけならば、その場だけの治療、その場だけ金払えばよい。 今以上に改善したいのであれば段階的な治療をし、それに見合った支払いを定義し、納得して支払うべきだ。 毎回同じ事、同じ治療に疑問は持たないのか? 運動・トレーニングはどうだ? ジョギングだって初日、1ヵ月後、3ヵ月後、半年後と、距離やペースを変えるから向上する。 ウエイトトレーニングだってダンスだってそれに見合った時間や金額を納得して費やす。 上手くならない・向上しないのに通わないし、金払わんだろ。

治療だってリハビリだってそう。 何の為に時間や金を費やしているのかよく考えて欲しい。

揉んでるだけ、揉んで欲しいだけじゃ向上しないという事を。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2009年01月21日 09:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お手製品追加」です。

次の投稿は「カスタマーサービスで整体考察」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36