« 頑固な肩こり・腰痛こそ | メイン | 真実は小説より奇なり »

スポーツ界への金融危機の波

先日、金融危機の波が米スポーツ界に押し寄せているというニュースがあった(12/13付時事通信社)

NBAもNFLも自動車レースのNASCARも、従業員の大量解雇を発表した。 米国で最も安定したスポーツ団体による大胆なリストラ策は、大きな衝撃である。

国内でも、知り合いがいる某プロスポーツチームが選手だけでは無く、コーチ・トレーナー陣も含めた大規模な総入れ替えをしたらしい。 不況と関係無い訳では無い。 のんびり数年待っているほど、どこも企業体力にゆとりは無いのである。

以前、我が身を置いていたスポーツ用品界もバブル後の煽りを一気に受けた。 今また新たな不況のあおりを受けんとしている。 正直、生活に最も必要かどうかの優先位は高くは無い。 服なんかなんだって構わんし、最新じゃなくったって問題なんかアリャしない。 無くったって汗かけるし運動出来るものばっかだ。

ただし、安全と健康は全てに於いて優先する。  運動は健康を維持する上での一手段であり、それ以上でも以下でも無い。 位置付けを判った上で時間とお金を使う。 やりたいからやって、辞めたくなったから辞めて。 これじゃ、子供が校庭でやる手打ち野球と同じレベル。

健康は痛い時だけ気遣えばいいものでは無い筈。 日々健康に対する意識が必要なのは当たり前だ。
計画的な継続が必要なのだ。

それがわかっていたら、サブプライムローンなんて誰も組まなかった事だろう...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年12月17日 08:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「頑固な肩こり・腰痛こそ」です。

次の投稿は「真実は小説より奇なり」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36