« 整体院的営業時間 | メイン | 話を聞くのはダメな事 »

知らなくても大丈夫

ウチはスタッフ達に基本、本を読ませない。 まず自分の頭で考える癖をつけさせる。

人との会話で『あ~、そうそう!』と共感する場合は、既に自分が考え思い描いている事。 それは考えてはいない。 考えると言うのはわからない事に頭を使う事。 知っている事を口に出すのは、考えたと言わない。

時として自分の意見・考えと少しでも違うと『え゛~、そうなの~~?』と斜に構え眉をしかめる人がいるが、長く悪い、なかなか良くならないと言う患者はその殆どがそう。

救急外来のある講義の中で、てんかん発作や麻痺・痺れでやって来る患者の中に良く言って心因性 、正直うそっこ症状の人がいるという。 そしてその患者の中に医療従事者が少なくないという。 いわば詳しいがゆえに真実とは違う症状・訴えをしてしまっているのだ。 自分を肯定する術を他人より多く持ってしまっているのである。  知識や資格が有るが故の事。 

資格や知識で物事すべてが解決するのであれば、世の中どんな平和である事か。 たとえば運転免許を持っている人は交通事故を起こさず、事故するのは無免許者だけになる。 そんな事は無いだろう。 むしろその確率の方が何百倍、何千何万倍も少ない筈だ。

中途半端に知っている事が、中途半端な先入観を生み、現状を変える事が出来ない。 たとえそれが資格を持っていようがいなかろうが。

自分の知らない事、考えもしなかった発想を面白いな、凄いなと思えない時点で変われない。

大切なのは金払って、学校行って、資格取る事では無いと言う事。 

わからないから面白いのである。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年12月10日 08:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「整体院的営業時間」です。

次の投稿は「話を聞くのはダメな事」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36