« 来たれ“アスリートサポートプログラム”! | メイン | 開業し続ける為に必要な事 »

一生涯払うもの

先日、真の治療家を目指し日々努力していた者が、志半ばにして病に倒れた。

小生はその彼との面識は無いが、ウチのもう一店舗を任せている、かれこれ7、8年勤めているスタッフと同期生であり、そもそもそのスタッフと小生が出会うキッカケになったのも彼のお陰。

当時そのスタッフが当院に来たいと思い、既に開業している先輩達に意見を聞いてまわったのだが、良い話が聞けず困り果てていた時にその彼が助言してくれたのだ。 

良くも悪くも団体などとの横の繋がりがウチは全く無く、煩わしさが無い反面、若い学生たちとの繋がりも無くインターンも殆ど無い。 その彼のインターン先の院長は小生を何倍も上回る大先生大先輩なのだ。 そこでのウチの噂を、ウチのスタッフにそのまま伝えてくれたのだ。  小生と会った事も無い奴らが言う勝手な意見と、真実とを見極めるキッカッケに彼はなってくれたのだ。

残念ながら直接会って礼を言う機会をとうとう逃してしまった。 一生の不覚である。

その彼がくれたこの縁と恩に応える為にも、これからもよい治療をする為の研鑽を怠ってはならないと誓う。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!