« 今週のリハ事情 | メイン | 限定プレミアグッズ »

より安全な選択の誤り

リスクマネージメントなる言葉を耳にした事はあるだろうか。

ビジネスではよく耳にする当たり前の言葉。 医療の世界にも見たような意味合いの言葉がある。
言葉にするとさも当たり前で、常識的日常的にやっていると思い込みがちだが、実はしっかり出来ている人など殆ど居ない。

たとえば肩が痛いとひと言で言っても、四十肩五十肩のような関節障害の問題から、心臓の問題、感染症の問題まで書き出したらキリが無くなる。 問題はどの時点でどのように見立てるのかだ。 

痛いからと言って薬でも理学療法でも、その場だけ痛みを取るような処置で帰してしまい、もしそれが心臓起因などの問題であったら取り返しがつかない事になる。 それはオーバーだと思うが、実際にある話。 それ以外にも原因と処置によっては後遺症が残る場合もある。 だとしたら後遺症の残らない方の治療、より安全度の高い処置を選択するべきなのだ。

“より安全な選択の誤り”

間違える事が悪いのではなく、たとえ間違えたとしても、よりリスクの無い方を常に選択しなければいけないのである。

その為には日常から、自分で自分の思考を常に否定しながら考える。 自分が今思った事、考えた事、やりたいと思った事が間違いなのではないのかと考える癖を付けなければならないのだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年11月11日 12:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今週のリハ事情」です。

次の投稿は「限定プレミアグッズ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36