« “アスリートサポートプログラム”募集開始 | メイン | 史上最強サプリメント! »

画像検査に惹かれる

全く惹かれません。

生まれて初めて怪我をし、右も左もわからず、事の大きさ・問題点も判らないのであれば仕方が無い。

病院をネット検索でもして、いろいろ詳しく載っていて、自分と同じ症状のレントゲンやCT、MRI画像つきなんかで説明されていたら、もうハートはガッチリだろう。 そんで近くなら言う事無し。

しかし何度も同じ症状を繰り返している、なかなか治らないにもかかわらず、上記と同じ行動している患者。 そりゃ治んねーよ、学習してねーもん。

専門書に昔から載ってるような内容を、今どき写真付き画像付きでネット掲載してるとこ。 そんなの上っ面で見せかけカッコつけしいだよ。

それがイイ人はずっとそんなとこ探して行ってみた方がイイ。

いつか本質に気がつく事があるのであれば、お会いする事もあるかもしれませんね。

今週は、そんな疑問・不満を持ってやって来る患者さんと膝を突き合わせて色々話せた、良い一週間だった。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!