« 真夏日で運動失調 | メイン | 整形外科と形成外科 »

若いんだからやり直せる

テニスのウィンブルドン選手権最終日、いやぁ~凄かった。激戦だった。 翌日休診日だったからよかったけど、結局午前5時半まで観ちゃったよ。

過去決勝最長試合時間4時間48分、降雨による2度の中断を含めれば約7時間にも及ぶ死闘を制したのは、世界ランキング2位のラファエル・ナダル。 その彼がまだ22歳と言うのも驚きである。

同世代の若い子たちが来春新卒採用の会社訪問で、最近数多くやって来る事は先日書いたと思う。
TVを観ながら思ったのだが、ウィンブルドンで優勝しろとまでは言わないが、どれだけ真剣に自分の思い描く夢にまっすぐ努力をしているのであろうかと言う事。

大人は 『若いうちは何度でもやり直しがきくのだから』 とよく言う。  だがこの言葉の意味を間違えてはいけない。 何度もコロコロ替えて良いと言う意味では無い。 

『失敗してもまだ君たちの年齢であれば、いくらでもやり直しがきくのだからトコトンまで思いっきりやりなさい!』  という事だ。

しかし、自分の信念はブレてはいけない。 この道この世界でやっていくと決めたら、全身全霊心血を注ぎこむ。 コロコロ言ってる事や商売替える奴を、誰が心から信用するのであろうか。

学びたいのか、金を稼ぎたいのか?   二兎を追う者は一兎をも得ず  少しぐらい金無くったって死にやしねーよ。

気持ちぐらいウィンブルドン優勝を目指してくれ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年07月08日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「真夏日で運動失調」です。

次の投稿は「整形外科と形成外科」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36