« 自信を持て! | メイン | 若いんだからやり直せる »

真夏日で運動失調

早くも茹だるようなこの暑さ。  しかも患者には、 『先生、一歩もおもてでネーから暑いの知らネーだろ』 と嫌味を連日言われる始末。

真夏に汗をかいて水分を多めに取るの。 コレは誰でも判っている事。 水分が、血液が~ぐらいの事は小学生の野球少年でもわかる。 では脳がいったいどの様なメカニズムで不具合を起こすのであろうか? 不具合のパターンによって、現在身体に起こっている事をどれだけ正しく推測できるのか。

運動失調のメカニズムを文章で理解するのではなく、現場でどれだけ応用できるのかをイメージしながら学ばなければいけない。

前職で、ある製薬メーカーさんと一緒にスポーツドリンクを取り扱っていた事がある。 自分自身も数多くの飲料を実際に競技の場でモニタリングをしたが、その数字だけに表れる以外のフィーリングをより多く感じ取り、商品や他の人にどれだけ多くフィードバックできるかで真価が問われた。

この時期はドリンクひとつのそんなアドバイスが、実際に数名の患者さんの役に立つ事がある。

治療やケアと言うのは技術や資格だけでは無い。 むしろ一番大切なのはこっちの方なのだろう。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年07月06日 12:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自信を持て!」です。

次の投稿は「若いんだからやり直せる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36