« 性ホルモン抑制と睡眠 | メイン | ひっそりスポーツコンディショニング講習会 »

ウィンブルドン2008で回想

080703a.jpg

観てますか? ウィンブルドン。

深夜のNHK、ありゃ無しですよ。 お陰で寝不足です。

ウチの某スタッフなんか大ハマリで、観戦と勉強のはざまでもうグテングテンらしい。

にしてもフェデラーは強すぎる! ボルグ、マッケンロー、コナーズ世代としては(歳がバレる)、テニスってこんなブッチギリ独り勝ちのスポーツだったっけな?と思ってみたり。

前職時代、自分トコがM.チャンをサポートしており、いつもかっこいいなぁ~と見ていたものだ。

数年前、ちょっとした縁でJOPランキング上位のプロテニスプレーヤーの子達数名が来ていた事があった。 彼らも大変だ。やれスペインだ、イタリアだとテニスの武者修行に行ったりと。

その当時はウチも今のように設備が整っておらず、今なら昔以上のサポートが出来るのにと振り返る。
しかし、この十数年で良い運動施設の数はもの凄く増えた。 問題はその先。 

そこまでやれ健康的だ、ヘルシーだ、ナチュラルだとやってきても、いざ怪我等すると薬だ注射だ手術だと。 疑問にすらまったく思わない。

ウチは疑問を持った人、自分の身体に不安と不満を持った人が相手。  真剣な人に真剣に答えたい。

プロ選手、身体だけでなくその奥底にある真に必要なフォロー。 今のウチには力になれる事が存在するから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!