« 捻って転んで捻挫して | メイン | ちょっと鬱 »

パーキンソン考察

この数年、パーキンソンを患ってやって来る患者さんが数名いる。

昨日も馴染みの患者さんから、パーキンソンについての相談を受けた。

資料から抜粋のような事はここでは書かないが、問題はその患者さんが日常生活で何に一番不自由、不安を抱いているのか? そこを少しでも解消してあげる事は出来ないのかと考える事。

すぐ本読んで、ネット叩いて、講習受けてハイお待ちしておりますナンテ言う中身の無い輩を、自分の身の周り・自分の中からどれだけ排除できるかと言う事。

自分の身の丈を考え、決して安請け合いをせず、真の人間性で症状に立ち向かう。

そんな本質的な所は、誰にも負けたくは無いものだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年06月29日 09:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「捻って転んで捻挫して」です。

次の投稿は「ちょっと鬱」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36