« 求人募集・新卒採用 | メイン | 仕事も遊びも真剣 »

俺のオヤジと運転免許

16歳の頃、バイクの運転免許を取りたくてオヤジに聞いたら 『ダメだ』 と言われた。

バイトで免許代を貯め、取らせてクレと再度頼んだがオヤジはイイとは言わず、 『勝手に取って、勝手に死んでこい』 ぐらい言われた。

高校を卒業し自動車の免許を取りたいとオヤジに言ったら、 『ダメだ! バイクは自分で倒れて自分が死ぬぐらいだ。 だが車は他人を傷つける可能性が大きい。お前はまだその責任を負える立場では無い。ダメだ!!』 と言われた。

もちろんその時は、その言葉の意味も重さも判らずムカッと来たが今は全く違う。 その後免許代を貯めたのが、オヤジは首をけっして縦には振らなかった。 しかし初めて横にも振らなかった。

誰しも自分ちが、標準で基準で普通だと思っている。 俺も運転免許に関して、どの家も親はそう言っているものだと思っていた。 が、実際は全く違うというのを知ったのは20代半ばになってから。

患者と話していても大抵の親は 『オートバイは危ないから。車は安全だから。』 と言う。

いったい誰が危なくて、誰が安全なんだ?!

親が、大人が自分の子の事、自分たちの事だけしか考えていない。 

教習所の教官をしている知り合いが昔言っていたのだが、 『親の金で免許取りに来るような奴は馬鹿ばっかだ。 自分のなけなしの金で来る子は、落ちたくないから真剣に勉強する。 いくら落ちても親がホイホイ金払ってくれるようじゃ、そりゃ真剣さは違うわな。』 と。

先日も仲の良い女性の患者さんと、車で子供の送り迎えの話になった。 この話の先は次回にするとして、自分の子が被害者にしかならないとは大間違いだ。 事件でも事故でも、いつ加害者になるやも知れない。 その可能性を考えているのだろうか?


今更ながら俺は父親に感謝する。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年06月15日 08:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「求人募集・新卒採用」です。

次の投稿は「仕事も遊びも真剣」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36