« サポート・スポンサードってナンダ?! | メイン | 求人募集・新卒採用 »

個人独立開業

医療機器メーカーや大手広告営業マンの知人から、最近また独立開業する民間療法院が増えていると聞く。

まぁ、この5年10年でそれだけ民間療法が市民権を得たと言う事だろう。

ただし良くも悪くも裾野が広がってしまった。 

本来、“療法” と言うぐらいだから治してナンボ。 だがマッサージとの違いが判らず来たり、気持ち良くして下さい的な患者も増えた。 また残念な事にそういう人を相手に商売をする治療家も増えてしまった。

学校等で治療の勉強が終了したのち、数年間現場で働き経験を積む。 それは医者でも何でも技術職なら当たり前な事。 だが最近は自宅で数名チョロチョロっとやっていて、そろそろどっかで借りてやってみっか的な所が多い。

腕がイイ奴のところには、本人が望まなくても患者は増える。 1年やっても1日平均5人を超えなきゃさっさと辞めるべきだと教わる。 主婦が趣味でやるアロマセラピーじゃあるまいし。

嫌な患者は沢山来る。 知り合いつてでやっててその後開業なんて有り得ない。 過去に何人もそのパターンで、不特定多数の患者を相手にしていく覚悟が出来ていず潰れていくところを見てきた。

患者も治す側も頑張ってほしい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!