« 競泳水着新素材 | メイン | 新規外来以前 “治したい!!” »

お遍路さんに学ぶ

昔から、運動好きな人に指導をしようと話しかけると、 『あとちょっと待って下さい』 とか、 『もうすぐ終わるので』 と返される事が多々ある。

数年前に、ある20代の男性の患者さんが四国のお遍路さんに行った。 

公私ともに、僕らの想像出来ないぐらい高い次元で生活をしていた彼。 思うところがあり、お遍路さんに出かけたらしい。

無事に帰ってきて、その途中出会った人の事など、話を色々聞かせてくれた。 
お遍路さんの心得とか、身体が不自由な人が自動車でお遍路さんを回っているとか。

全部歩くのは大変だったのではと質問すると、彼は

『いや実は途中、自動車に乗ったんですよ』 と言った。

俺は、ええっ!なんで?!と思い、詳しく話を聞こうとすると彼の方から話を続けてきた。

『あと数日でお遍路さんが終わるというところで知り合った、身体が不自由で自動車で回っている人と仲良くなり、「次のところまで乗っていかんか?」と勧められたんですよ。』

俺だったらここまで来てあと数日で終わるところなのに、ここで車に乗ったらなんだか嫌だから断るけどと言うと、

『確かに僕もそう思います。 だけど、“自分は歩きたい!”と言う気持ち、それもなんですよ。 “お接待”と言うのですが、もちろん断ってもいいものですが、それを考えるのも今回意味のある事なのです。』

少し目からウロコが落ちた気がした。

やりたいと思うのも欲。 欲について今一度考えさせられる。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年06月08日 09:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「競泳水着新素材」です。

次の投稿は「新規外来以前 “治したい!!”」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36