« ダイエットウォーキング | メイン | 禁じ手 »

ぎっくり腰・捻挫をどう読む!?

新しくした “麻生スポーツ理学センター” という屋号。 いやたしかに判りずらい。

だが新たにやって来る患者は、今までとはちと違う。 意気込みがあるのは先日書いたが、本当によく読んで、よく考えてやって来る。

メインページを今一度よく読んで欲しい。  積極的に、やみくもに新患はとらないが、 “診るよ!” と言っているのだ。

今すぐ・今だけ・ちょろっと診てくれなんてのはゴメンだ。 そんなのは安くて今すぐ診てくれる暇なとこ行った方がイイ。

初めてぎっくり腰やった奴に、この話の意味はわかりゃしない。 ぎっくり腰や捻挫、何度も繰り返しているなら判る筈だ。

“本気で治したい、よくしたいと言う人には努力は惜しまない” 施設ならどこにも負けないと言っておこう。

だけどこういう話を一番判っていないのが同業者。 俺の周りにも多いのが笑える事実。 お互い見抜いてクレよ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年05月25日 09:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ダイエットウォーキング」です。

次の投稿は「禁じ手」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36